SMBC日興証券とHEROZ、AI株価予測を使った投資情報サービス

 三井住友フィナンシャルグループとSMBC日興証券は、将棋AIで知られるHEROZと、AIを活用した投資情報サービスの実用化に着手した。

 三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)とSMBC日興証券は、将棋AIの開発で培った機械学習などの技術を活用したAI「HEROZ Kishin」を提供するHEROZと、AIによる収益予測やトレンド分析を活用し、新たな投資情報サービスを提供すると発表した。

 投資経験の少ない人でも、高度なファイナンス理論・投資手法に基づいた株式運用を可能とするもので、以下の2つのサービスを提供する。

 「AI株式ポートフォリオ診断サービス」では、株価や決算データをもとに、AIが1か月後の収益率を予測。投資家のリスク許容度も踏まえた上で、現代ポートフォリオ理論に従い、顧客のポートフォリオに成績向上が見込める銘柄をAIが提案する。

 「AI株価見守りサービス」では、市況や経済指標をもとに、AIが分析した株価トレンドを、SMBC日興証券が考案した投資手法「LC-PH(ロスカット・プロフィットホールド)戦略」に活用することで、適切なタイミングでの売買をメールなどで知らせる。

 個人向けに、AIによる株価予測を活用したサービスを提供するのは国内初としており、国際特許の出願も行っている。SMBC日興証券に口座を持つ人に、2019年前半の提供を目指す。

関連記事(外部サイト)