自動販売機からスマホに充電! 意外なお役立ち機能を持つ自販機たち

自動販売機からスマホに充電! 意外なお役立ち機能を持つ自販機たち

記事画像

 喉の渇きを癒やしてくれる飲料系の自動販売機。最近はさまざまな機能を付加した自動販売機が登場している。

 街中で手軽に飲み物が買える「自動販売機」。近年はキャッシュレス対応など、支払い方法の選択肢が増えるなど使い勝手が良くなっている。最近はさらに商品を売るだけにとどまらない自動販売機が各地で登場している。

 スマホの充電機能を付加した自動販売機もある。ダイドードリンコ(本社:大阪府大阪)では、先月より自動販売機の電力を活用した充電サービス「レンタル充電器」の実証実験をスタートさせた。これは無償の充電サービスで、自動販売機側面にUSB充電ポートを設け、利用者は手持ちの充電ケーブルを使ってスマートフォンなどへの充電が可能となる。充電時間の目安は5分程度。バッテリーの残量がピンチの状態になったときにかなり役立ちそうだ。設置場所は神田明神(千代田区)のほか、都内で最大10カ所となっている。

 九州ではバス停と自動販売機の実証実験も行われている。西鉄バス北九州(本社:福岡県北九州市)、西鉄エム・テック(本社:福岡県福岡市)、安川情報システム(本社:福岡県北九州市)、そして伊藤園(本社:東京都渋谷区)がタッグを組み、実証実験となったのは「自動販売機一体型スマートバス停」。これは最新テクノロジーによる時刻表、接近案内、バス情報発信機能にプラス飲み物も購入できるタッチパネル式のバス停だ。実験は約1年の予定で設置は1台。この間で使い勝手を調べるという。

 また、東京の地下鉄駅には、引退した車両の一部を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」もある。現在「働くって、いいもんだ」のコンセプトのもと、東京地下鉄(愛称:東京メトロ/本社:東京都台東区)と、コーヒー飲料「BOSS(販売はサントリーフーズ・本社:東京都中央区)」とのコラボレーションで、さまざまな企画を展開している。その一環として誕生した自動販売機は、2017年に引退した「銀座線01系」車両の一部を再利用したもの。外観も先頭車両をイメージしたデザインとなっている。さらに元車両らしい仕掛けとして、現役車掌による音声も流れる。引退後は自動販売機に姿を変えて、走らずじっと新しい職場となった駅にたたずむ。設置場所は、銀座線「溜池山王」駅の11・12番出口中央付近。

 面白い発想が形になった自動販売機たち。もし出会えたら積極的に利用してみてはいかがだろう。

関連記事(外部サイト)