住友商事、北欧最大の駐車場事業者「Q-Park」を買収

 住友商事はスウェーデン・ノルウェー・フィンランドで駐車場事業を提供しているQ-Park Nordics社の全株式を取得することで合意した。

 住友商事は、米国投資ファンドKohlberg Kravis Roberts & Co.(KKR)傘下のQ-Park Operations Holdingsから、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの北欧3か国で駐車場事業を展開しているQ-Park Operations(Q-Park Nordics社)の全株式を取得することに合意した。

 Q-Park Nordics社は、北欧3か国で約20パーセントのシェアを誇る北欧最大の駐車場事業者で、約37万車室の駐車場を運営・管理している。同社は各国の首都圏中心部で利便性の高い場所に集中的に駐車スペースを確保することで強固な顧客基盤を保有している。また、駐車場運営に加えて、電気自動車(EV)用充電装置、自動車メンテナンスサービス、タイヤ交換、宅配BOX、アプリ決済システムなど、新たなサービスの導入にも積極的に取り組んでいる。

 住友商事は、Q-Park Nordics社の駐車場を起点として、ストックホルムでカーシェアサービスを展開しているAimo Solution(住友商事100パーセント出資子会社)やモビリティ関連事業とのシナジーを通じて、駐車場をモビリティプラットフォームに進化させていきたい考えだ。

関連記事(外部サイト)