住友生命、米スタートアップ「Waagu」と文書共有&チャットサービスの実証実験

住友生命、米スタートアップ「Waagu」と文書共有&チャットサービスの実証実験

記事画像

 住友生命は、米スタートアップ企業Waaguと、保険内容の説明や問い合わせ対応に活用できるコミュニケーションサービスの実証実験を行う。

 住友生命は、米国シリコンバレーのスタートアップ企業であるWaaguが提供する、特定のアプリケーション等をダウンロードやインストールすることなく、即座に文書などの共有やオンラインチャットを行うことができるサービス「Loookit」を活用した実証実験を開始した。

 このソリューションの本格導入が実現すれば、保険内容の説明や顧客からの問い合わせなど、従来口頭で説明していた内容を、遠隔地にいる顧客と同じ画面を共有しながら説明することができる。

 Waaguは2018年度に開催された、東京都アクセラレータプログラム「フィンテックビジネスキャンプ東京」の参加企業11社のうちの1社に選ばれている。

関連記事(外部サイト)