ブリッジ・シー・キャピタル、保育所の土地建物すべてを対象とするクラウドファンディングで4.5億円調達

ブリッジ・シー・キャピタル、保育所の土地建物すべてを対象とするクラウドファンディングで4.5億円調達

記事画像

 ブリッジ・シー・キャピタルは、運営する不動産投資クラウドファンディングサービスで、募集総額4.5億円の第9号駒込保育所ファンドの満額調達を完了した。

 ブリッジ・シー・キャピタルが運営する不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」は、誰でも1口1万円からネットで手軽に始められる不動産投資を実現する。同社は、CREALにおいて2月28日から投資受付を開始した、募集総額4.5億円の第9号駒込保育所ファンド「さくらさくみらい駒込」の満額調達を完了したと発表した。

 保育所や保育士の不足などにより都市部を中心に待機児童が社会問題化している中、問題解決に貢献する投資には投資家の関心も高く、社会的ニーズの高い認可保育所は安定的な賃料支払いが期待されることから、投資対象として注目を集めている結果だとブリッジ・シー・キャピタルは分析している。

 「CREAL」は2018年11月にサービスをローンチし、以来、レジデンスファンド7件と大型ファンド2件の調達を完了し、累計調達金額が14.5億円を突破している。同社は近日中に第3弾大型ファンドの募集を予定している。

関連記事(外部サイト)