非対面/対面決済の両方で使える、カードレスの「じぶん銀行スマホデビット」登場

非対面/対面決済の両方で使える、カードレスの「じぶん銀行スマホデビット」登場

記事画像

 じぶん銀行は4月3日から、新たにJCBブランドのカードレスデビット「じぶん銀行スマホデビット」の募集を開始した。

 「じぶん銀行スマホデビット」は、4月3日にバージョンアップしたじぶん銀行スマートフォンアプリ(iOS/Android OS)から申し込みが可能で、即時でバーチャルカードが発行されるデビットカード。カードレスのデビット決済として、非対面/対面決済両方に対応しているのは、「じぶん銀行スマホデビット」が国内初となる。

 通常のデビットカード同様、利用のつど、代金が指定の口座から引き落とされる。利用は預金残高の範囲内となっており、あらかじめユーザー自身で利用限度額を設定することができるため、使いすぎの心配がない。

 このサービスは、国内外のJCB非対面加盟店(インターネット決済など)で利用できるほか、Android端末の場合は、国内のQUICPay+加盟店でも利用可能となっている(QUICPay+はJCBが登録商標権を持つ非接触IC決済サービスの名称)。

関連記事(外部サイト)