三井住友カード、法人クレジットカードの利用をリアルタイム管理、出張時のみ有効化などが可能に

三井住友カード、法人クレジットカードの利用をリアルタイム管理、出張時のみ有効化などが可能に

記事画像

 三井住友カードは、企業のキャッシュレス化を支援するため、経費精算システムと連動して、従業員のクレジットカード利用をコントロールできるソリューションを提供する。

 日本では、旅費や接待費など法人利用にあたる経費の支払いとして、当事者による現金での仮払いや立替払いが多く行われてきた。近年は法人カードの導入なども検討する企業が増加しているが、従業員による目的外利用や誤用などの懸念もある。

 三井住友カードはこうした状況を踏まえて、パナソニック ネットソリューションズ、マネーフォワード、SBI ビジネス・ソリューションズの各社と、法人カードの利用を簡単にリアルタイムでコントロールできるソリューションを共同開発した。

 このソリューションを導入することで、従業員の出張や接待時といった特定の場面でのみ法人カードを有効化したり、目的外利用が発生した際に管理者へアラートを通知、リアルタイムでカード使用者の利用を制限することが可能になる。

 また、クラウド経費精算システムと連動することで、経費ワークフローを一気通貫でデジタル化し、申請や承認などの手続きをシンプルにすることもできる。

 三井住友カードは今後、このサービスを2019年夏に稼働させ、順次経費精算システムのラインナップや機能を拡充していく。

関連記事(外部サイト)