「体験できるカフェ」が人気、「採蜜体験」や韓国で人気のインスタ映えするパフェの店

ユニークな体験がウリのカフェが人気 「採蜜体験」やインスタ映えするパフェの店など

記事まとめ

  • 三重県の「松治郎の舗 伊勢街道店」は日本初の試みである採蜜体験ができるカフェ
  • 「ペットロスカフェ」は、ペットとの別れのショックから立ち直るきっかけになるかも
  • 韓国からやって来た「Cafe de Paris」はインスタ映えするスイーツメニューが特徴

「体験できるカフェ」が人気、「採蜜体験」や韓国で人気のインスタ映えするパフェの店

「体験できるカフェ」が人気、「採蜜体験」や韓国で人気のインスタ映えするパフェの店

「松治郎の舗 伊勢街道店」の採蜜体験は予約制。専用防虫服を着用して養蜂場に入る

 カフェの楽しみは、お茶やスイーツだけではなくなりつつあるようだ。ユニークな体験がウリのカフェが日本各地に登場している。

 通常カフェでは、飲食やおしゃべりを楽しんだり、空いた時間に仕事や勉強に勤しむのが一般的だ。そんな中、ユニークなコンセプトのカフェが登場している。
「松治郎の舗 伊勢街道店」の採蜜体験は予約制。専用防虫服を着用して養蜂場に入る

 三重県は伊勢市にオープンした「松治郎の舗 伊勢街道店(運営は松治郎の舗・三重県松阪市)」は、日本初の試みである採蜜体験ができるカフェ。体験は予約制で、専用防虫服を着用して養蜂場に入り、まずは専門家による蜂の生態学習からスタート。その後は蜂が集めた蜜を巣から取り出し、遠心分離器で蜜を採取する。

 所要時間によって2つのコースがあり、約5〜10分で1,200円、約40分で3,500円(いずれも税込)。どちらも蜂蜜のおみやげが付いているのがうれしい。カフェではレモネード(480円)など、採れたての蜂蜜を使用したメニューを堪能することもできる。

ペットロスを抱える人同士が集まり、安心して語り合える場を作りたい」という想いから
生まれた「ペットロスカフェ」

 大好きなペットとの別れは悲しいもの。そのショックから立ち直るきっかけになるかもしれない「ペットロスカフェ」というものがある。インラビングメモリー(東京都渋谷区)が今年2月にオープンした「ディアペット東京本店(東京都渋谷区)」は、1階が「ペットロスカフェ」、2階は「セレモニーホール」、地下1階は「ペット仏壇仏具専門店」となっている。カフェで注文するときは、亡くなったペットの種類やスタッフの声がけがOKかNGかといった問いのあるシートに記入し、飲み物をかたわらに、静かに過ごすもより、スタッフや近くの人との会話をするなど自由に過ごすことができる。

 最後は韓国からやって来た「Cafe de Paris(カフェ・ド・パリ)」。新鮮なフルーツをふんだんに使用した味とインスタ映えが特徴で、旅行会社の調査では韓国ナンバー1カフェにも選ばれている。旬のフルーツをふんだんに盛りつけたオリジナル商品「ボンボン各種(1,400〜1,800円・税別)」など、フォトジェニックなスイーツメニューが特徴。

韓国No.1カフェ「カフェ ド パリ」が待望の日本初上陸

 ただし同店、現在は期間限定の開業だ。日本での運営を担当するアスリン(本社:愛知県名古屋市)では、ゆくゆくはフランチャイズ展開も視野に入れているそうだが、今回の営業は5月6日まで。まだ未経験の人は急いだ方が良さそうだ。場所は東京・六本木ヒルズ内(東京都港区)。

関連記事(外部サイト)