セブン銀行子会社、アクサダイレクトとATMでの保険金の受取を可能に

セブン銀行子会社、アクサダイレクトとATMでの保険金の受取を可能に

記事画像

 セブン・ペイメントサービスは、アクサ損害保険とATM受取サービスの提供を開始した。

 セブン銀行子会社のセブン・ペイメントサービスは、アクサ損害保険(以下、アクサダイレクト)と、4月からATM受取のサービス提供を開始した。

 保険契約をしている顧客はゴールデンウィーク中の4月29日〜5月3日でも、すでに報告して対応中の事故のうち、緊急に支払が必要な場合、顧客からの依頼とアクサダイレクトの判断のもと、全国のセブン銀行ATMで1件10万円を上限として保険金の受取りが可能となる。

 受取は原則24時間いつでも可能。銀行口座も不要なため、キャッシュカードや通帳などが手元にない場合であっても、必要な資金が確保できる。

 セブン・ペイメントサービスは、2018年5月から「ATM受取」を開始し、サービス契約合意企業数は150社以上。AIG損保、SBI損保、無料送金アプリ「pring」なども、このサービスと連携している。

関連記事(外部サイト)