マネーフォワードファイン、データを活用したオンライン融資「Money Forward BizAccel」

マネーフォワードファイン、データを活用したオンライン融資「Money Forward BizAccel」

記事画像

 マネーフォワードのグループ会社であるマネーフォワードファインは、データとITを活用した融資サービス「Money Forward BizAccel」の提供を開始した。

 マネーフォワードファインが提供を開始したオンライン融資サービス「Money Forward BizAccel」は、クラウド会計データや連携している銀行などの明細データなどに基づき審査を行う。決算書、登記簿謄本といった紙書類の提出、保証人や担保は不要。これによって、他の一般的な銀行借り入れなどに対するスピーディーな入金を特徴とする、短期融資サービスだ。

?このようなデータとITを取り入れた新たな融資は「オルタナティブ・レンディング」と呼ばれ、特に米国では日本円で4兆円を越える市場規模(※)に達している。

※出典:「REACHING NEW HEIGHTS THE 3RD AMERICAS ALTERNATIVE FINANCE INDUSTRY REPORT December 2018」より(2017年:42.81$billionsの日本円換算)

?「Money Forward BizAccel」は、マネーフォワードのビジネス向けクラウドサービス「マネーフォワード クラウドシリーズ」の会計データなどをもとに、従来の決算書や保証人、担保をもとにした評価とは異なる形で与信を行い、中小企業からの資金ニーズに対応する。

 今後は入出金データなどに基づく資金ニーズの早期把握や、会計仕訳データなどに基づくモニタリング評価など、中小企業の資金調達をより高度・機動的にサポートできる融資モデルへと高めていく。また、個人事業主へ向けたサービスの対応については、2019年度中のリリースを予定している。

関連記事(外部サイト)