「Amazon Pay」キャッシュレス加盟店支援事業者として登録、消費者には決済代金の5%相当分を還元

 アマゾンは8月22日、決済サービス「Amazon Pay」がキャッシュレス加盟店支援事業者として登録されたと発表した。

 決済サービス「Amazon Pay」は8月19日に「平成31年度キャッシュレス・消費者還元事業」の「キャッシュレス加盟店支援事業者」として登録された。これに伴い、8月22日から対象となる中小・小規模事業者の加盟店登録申請の受付を開始した。

 加盟店登録申請後、事務局の審査が完了した事業者は10月1日以降、Amazon Payの決済手数料が一律3.25%に引き下げられ、さらにその1/3に当たる金額の補助が国から受けられる。

 また、加盟店登録が完了した対象事業者が販売する商品・サービスをAmazon Payで購入した人には、決済代金の5%相当分が、Amazon Payで利用されたクレジットカードの発行会社が提供する消費者還元方法で後日、還元される。キャッシュレス決済方法は、Amazon Payに登録されているクレジットカード(Visa、Mastercard、ダイナースクラブ、JCB(予定)、アメリカン・エキスプレス(予定))。

 還元期間は対象事業者、消費者ともに2019年10月1日〜2020年6月30日まで。個人事業主は現在、Amazon Payを利用できないため、加盟店登録申請の受け付けは不可となっている。

関連記事(外部サイト)