KDDIが金融組織を再編、auショップでファイナンシャルプランナーの無料相談受付も

KDDIが金融組織を再編、auショップでファイナンシャルプランナーの無料相談受付も

記事画像

 KDDIは12月2日付けでグループ内の金融事業の組織を再編。一部auショップでファイナンシャルプランナーの無料相談の予約を可能にするなど、対面・非対面の接点を最大限に活かしていく。

■KDDIが金融組織を再編

 KDDIは、決済・金融事業の強化のため、グループ内の金融事業の組織再編を行う予定であることを発表した。

 KDDIは10月3日開催の取締役会で、2019年12月2日を効力発生日(予定)として、KDDIの金融事業のうち、子会社管理、子会社に係る金融事業戦略の企画・立案・推進事業、出資先事業会社との事業連携推進に係る事業を、吸収分割によってKDDIの連結子会社であるauフィナンシャルホールディングスに対し承継することを決め、10月3日付でauフィナンシャルホールディングスと吸収分割契約を締結した。

 これによって、auフィナンシャルホールディングスは、KDDIが保有するカブドットコム証券、au損害保険、ライフネット生命保険の株式を承継し、以下の事業体制に移行する。

 KDDIは、2019年4月のauフィナンシャルホールディングス設立以降、グループ各社の連携によりスマホ・セントリックな決済・金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」を推進してきた。今回の組織再編によって、銀行・決済・資産運用に加え、証券・損害保険・生命保険が集約された金融グループとして、構想実現を加速させる。

■新会社「auフィナンシャルパートナー株式会社」

 また、auアセットマネジメントとFPパートナーは10月1日、顧客のマネープランニングを支援する合弁会社「auフィナンシャルパートナー株式会社」を設立。代表取締役社長は、藤田 隆氏。事業内容は保険代理業、確定拠出年金業、金融商品仲介業、銀行代理業など。資本準備金を含む資本金は4億円(auアセットマネジメント50%、FPパートナー50%)。事業開始は、2020年1月を予定している。

 新会社では、ファイナンシャルプランナーが、顧客にオーダーメイドのライフプラン・マネープランの作成をサポート。一部auショップなどが窓口となって相談を受け付け、顧客は希望する時間・場所でファイナンシャルプランナーとの無料での対面相談が可能となる。また、ファイナンシャルプランナーは、保険やiDeCoをはじめとした金融商品を取り扱い、ひとりひとりに合わせた金融商品・サービスを提案する。

 KDDIは全国47都道府県に90拠点を構え、約1,500人のファイナンシャルプランナー社員を有している(2019年10月現在の実績)。KDDI直営店と一部のauショップでの予約は、auの顧客のみ。その他の申込窓口では、au以外の利用者も予約することができる。

 顧客のマネープランニングを対面でサポートする場を設けることで、スマホ・セントリックな決済・金融体験を補完し、「スマートマネー構想」を加速したい考えだ。

関連記事(外部サイト)