スマホ決済サービス「メルペイ」利用者数が500万人を突破

スマホ決済サービス「メルペイ」利用者数が500万人を突破

記事画像

 スマホ決済サービス「メルペイ」の利用者数が、10月16日に500万人を突破した。

 メルペイは、スマホ決済サービス「メルペイ」の利用者数が、10月16日に500万人を突破したと発表した。ここで言う利用者数は、メルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーと、「メルペイコード払い」「ネット決済」「メルペイあと払い」などの利用者の合計(重複を除く)。

 「メルペイ」は2月13日にサービスを開始し、4月17日にはメルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーの累計が100万人、6月18日には同登録者数が200万人を突破。その後メルペイは、メルペイ「電子マネー」に加え、「コード払い」の機能を提供することで、オフラインとオンラインの双方で利用できるようサービスの幅を広げている。

 これらの施策を展開した結果、利用者数は9月5日時点で400万人を突破し、その後41日間で100万人増加し、10月16日に500万人を突破した。

関連記事(外部サイト)