加盟店申込みを即日完了できる「PayPayスマートスタート」、特許も出願

加盟店申込みを即日完了できる「PayPayスマートスタート」、特許も出願

記事画像

 PayPayは、「PayPay」の加盟店申し込み受付から利用開始までを即日完了できるツールの提供を開始した。

 PayPayは10月30日、決済サービス「PayPay」の加盟店申し込み受付から利用開始まで、即日で完了させることができる「PayPayスマートスタート」を加盟店申込支援ツールとして導入した。

 営業担当者が店舗を訪問し、店舗に関する申込情報をその場でこのツールに登録することによって、これまで約1週間かかっていたPayPayの利用開始までの時間を1日に短縮する。ただし、「PayPayスマートスタート」の利用条件を満たした場合のみ即時で審査可決となるため、審査時間がかかる場合は後日結果を連絡するかたちになる。

 このツールは2019年9月から東京や名古屋など一部の地域で試験導入し、10月から全国各営業拠点の営業担当者が順次利用をスタートしている。

 またPayPayは加盟店の申込情報を即時審査し、加盟店がPayPayを利用開始できるようにQRコードと加盟店情報の紐づけを行う仕組みを開発し、特許を出願したと発表している。

関連記事(外部サイト)