楽天モバイルから5G対応の新スマホ、より小さくAIカメラと大画面ディスプレイが特徴

楽天モバイルから5G対応の新スマホ、より小さくAIカメラと大画面ディスプレイが特徴

「Rakuten BIG s」

各社がしのぎを削って仕掛けている5G対応スマホ。新商品の特徴が注目されるなか、楽天モバイルは4月21日、5G対応のオリジナルスマートフォン「Rakuten BIG s」を発売する。

 第5世代移動通信方式(以下「5G」)対応の新たなオリジナルスマートフォン「Rakuten BIG s」は、2020年9月より販売中の「Rakuten BIG」と比較すると、本体サイズはコンパクト化され、望遠カメラを含む最大約4800万画素の4眼AIカメラと、約6.4インチの有機ELディスプレイが搭載されている。

 同製品を用いることで、楽天モバイルが提供する一部のエリアで、5Gサービスを利用できる。スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIM(eSIM)仕様、SIMロックフリー。

 なお、モバイルブラウザアプリ「Rakuten Browser(楽天ブラウザ)-ベータ版」がプリインストールされており、楽天モバイルユーザーに限らず利用できるという(現状はAndroid版のみ)。将来的には本アプリを利用することで、「楽天ポイント」が獲得できるサービスや、様々な楽天グループのサービスと連携した機能を提供する予定という。

「楽天モバイル」公式サイトでは4月21日午前9時より、楽天モバイルショップでは5月中旬以降、順次発売。カラーバリエーションは「ブラック」、「ホワイト」、「クリムゾンレッド」の3色となり、価格は5万980円(税込)。

関連記事(外部サイト)

×