面接でネガティブな印象を与えない「転職理由」の考え方

面接でネガティブな印象を与えない「転職理由」の考え方

面接でネガティブな印象を与えない「転職理由」の考え方とは?

 転職の面接では、退職する理由を必ず聞かれます。誰もが前向きな理由で転職を望むわけではありませんが、前職の不満や悩みをそのまま伝えてしまうとネガティブな印象を持たれてしまいます。ここでは、面接で理解されやすく、好感度の高い転職理由の考え方をご紹介します。

■なぜ転職理由を聞かれるのか?

 面接官が転職理由を聞くのは、仕事へのスタンスや責任感、良い人間関係が築けそうであるかなどを見るためです。ここでネガティブな印象を与えてしまい、すぐに辞めてしまいそうな人だと思われてしまうのは避けたいところです。

 また、面接官が同時に知りたいのは、新しい仕事に対する意欲です。そこで、「前職へのネガティブな想い」を伝えるのではなく、「次の職場で達成したいこと」につなげていき、好感度の高い転職理由を伝えるようにしましょう。


■好感度の高い転職理由の例

 まず、ポジティブな内容への言い換えが必要ない転職理由には次のようなものがあります。

・キャリアチェンジやスキルアップを望んでいる
・専門知識やスキルを得たい

 また、理由だけではNGですが、具体的な目標や新しい環境で仕事する意欲があれば、伝えて問題のない理由もあります。

・正社員になりたい
・前職の倒産やリストラ

 これらの理由であれば、転職理由が前職への不満ではありませんので問題ありません。できれば、どこの志望先にもいえる理由ではなく、なぜその企業で目標を実現させたいのかも具体的に伝えると、より高く評価してもらえるでしょう。


■転職理由を前向きな内容に言い換えるには?

 誰もが前向きな理由だけで退職や転職をするわけではありません。しかし、ネガティブな転職理由でも、ポジティブな内容に言い換えることで面接官に理解してもらえたり、好印象を与えたりすることもできます。

 前向きな内容へと言い換えたほうが良い転職理由には、次のようなものがあります。

・残業が多い、休日がほしい
・給与や評価に不満がある
・前職の社風が合わない
・前職の企業の将来性が不安

 このような理由をそのまま伝えると、会話を続ける中で前職の会社や上司への不満につながります。

 そこでまずは、前向きな転職理由に言い換えるために、前職への不満や退職理由を書き出してみましょう。そして、その不満が解消されると、どんなメリットがあるのかを考えます。また、実現のためにどんな働き方がしたいのかも考えておくと、前向きな理由として説得力も上がります。

 例えば、上記の理由であれば、以下のように言い換えることができます。

・残業が多い、休日がほしい→プライベートの時間を確保して、ワークライフバランスを充実させたい
・給与や評価に不満がある→自分のキャリアや実績に応じた年収アップを目指したい
・前職の社風が合わない、前職の企業の将来性が不安→志望先企業の方針や目指すゴールに共感し、組織全体でやりがいを感じながらキャリアを作りたい

■失敗しやすい転職理由

 ポジティブな内容への言い換えも難しく、避けたほうが良い転職理由もあります。

 例えば、「人間関係」です。残念なことですが、もし自分に非がない場合でも、第三者である面接官は「この人にも原因はあったのでは?」と感じることがあります。また、志望先の企業でも、人間関係のトラブルがないとは限りません。

 ほかにも、「疾患による仕事への支障があった」なども、今後の仕事で支障が出ると懸念されてしまいますし、「仕事へのストレス」といったネガティブな姿勢も自己都合だと思われてしまいがちです。

 しかし、ネガティブな転職理由を避けたいからといって、その場しのぎでやり過ごしてしまうのもおすすめできません。志望した会社に入社できても、結果的に同様の理由で退職しては意味がないのです。そこで、「退職したネガティブな理由」を話すのではなく、「転職したいポジティブな理由」を語るようにしましょう。

■嘘は絶対にNG!

 好印象を持たれたいからといって、自分の実績や経験で嘘をつくのは、最悪、経歴詐称としてトラブルが発生したり、懲戒解雇の処分につながったりもします。企業によっては、採用活動において在籍確認や勤務状況を確認するため、前職の勤務先に問い合わせをするところもあります。また、嘘の経歴で入社しても、配属された仕事を満足にこなせない場合もあります。転職活動は入社するのが目的ではなく、新しい会社で活躍するために行うわけですから、転職したことが失敗になる可能性は残さないほうがいいでしょう。

 転職活動の面接では、転職理由に限らず前向きな意見や姿勢を見せることが大切です。自分のそれまでのキャリアや経験をきちんと整理し、新しい職場ではどんな風に仕事をしたいのか、そして活躍できるのかをまとめましょう。そして、前職を否定せず、ポジティブな転職理由として伝えられるように準備することが大切です。

関連記事(外部サイト)