日本では「バーゲン」と「セール」を同様に使用も、英語の"bargain"と"sale"に違い

記事まとめ

  • 日本では「バーゲン」と「セール」、どちらも同じように使われているのを目にする
  • 英語の“bargain”は「安売り販売」ではなく「安く売られている品、商品」という意味
  • 一方“sale” は「販売」が主軸の意味だが、「特売」「安売り販売」という意味も持つ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております