新登場・カローラクロスのコスパが最強すぎる!

トヨタの世界戦略車という顔を持つカローラクロス。今回取材したのは最上級モデルだが、ガソリン車の最廉価モデルは200万円を切っている!

9月14日に発売されたトヨタのカローラクロスが、お買い得感の高い価格設定もあり、売れに売れているという。そんな話題のクルマを自動車ジャーナリストの小沢コージ氏が公道に引っ張り出して徹底解説する!!

■受注3万台突破のカローラクロス!

小沢 超激戦区の国内コンパクトSUV市場に大本命が登場したぜ! 9月発売のカローラクロスのことだ。コイツがこのクラスの台風の目になるのは確実。何しろ日本での受注台数はすでに3万台を突破! ちなみに月間販売目標は4400台だからマジで売れに売れている!

――人気の秘密は?

小沢 まず挙げられるのはそのサイズ感。全長4m前半のコンパクトSUVは今日本で一番売れているジャンル。

具体的にはトヨタのヤリスクロスやライズ、ホンダのヴェゼル、日産のキックスが競っている。ただしヴェゼル、キックスに対抗する全長4.2m超のコンパクトSUVがトヨタになかった。要はヤリスクロスとハリアーの間を埋めるモデルがなかったんだよ。

一応、トヨタにはC−HRもあるにはあるが、アレはスタイリッシュすぎて幅広い層には訴求できていない。そこに室内が広く実用的でワイルドルックのカローラクロスが登場。トヨタのSUVシリーズに存在した穴を見事に埋めたワケよ。

――つまり、カローラクロスは大人5名と荷物がしっかり載る日本ジャストサイズのSUVであると。

小沢 そのとおり! それと名前もデカい。ご存じのとおりカローラシリーズは累計5000万台を突破した世界一の大ベストセラーカー。そんなカローラのSUVだから、トヨタの熱量もガチ!

トヨタ「カローラクロス」価格:199万9000〜319万9000円、発売:2021年9月、値引き:5万円、リセールバリュー:B。日本仕様のフロントマスクは大型グリルが特徴的。実際、目にするとけっこう迫力のある顔面に仕上がっている。ヘッドライトはLED
ボディサイズは全長4490o×全幅1825o×全高1620o。最小回転半径は5.2m。4WDも用意

カローラクロスは正統派なSUVらしく、前後やホイールアーチにクラッディングパネルが配置されている

――具体的には?

小沢 現行4代目プリウスから採用した新世代のプラットフォームを使い、高いボディ剛性、衝突安全性、スポーティな走りを実現。しかも、トヨタの伝家の宝刀ともいえるパワーと低燃費を誇る1.8Lハイブリッドが選べてしまう!

ただし、カローラクロスがマジで恐ろしいのはコスパなんだよ。セダン、ワゴン、ハッチバック、SUVと4タイプ選べるカローラシリーズのなかで、スタート価格は2番目に安い、199万9000円!

まぁ、お値段もお値段なので、エンジンはちょい古めの1.8Lのガソリンタイプ。本革巻きステアリングもアルミホイールもついていないが、LEDランプ、先進予防安全装備「トヨタセーフティセンス」、電動パーキングブレーキ、7インチのディスプレイオーディオまで標準装備! ぶっちゃけ、この廉価版でも全然アリアリよ! 

――なるほど。ちなみに今回試乗したモデルは?

小沢 最上級グレードのハイブリッドZ! コイツの価格は299万円台だが、シートは本革コンビタイプで、電動パワーシートや左右独立エアコンなど至れり尽くせり。

後席使用時のラゲッジ容量は487L。クラストップの広さを実現している。使い勝手は抜群だ

全グレードに電動パーキングブレーキを採用している。上級グレードはデジタルメーターが標準となる

今回試乗したのは1.8Lハイブリッドモデル。ほかに1.8Lの直4ガソリンエンジンも用意されている

リアシートは大人がしっかり座れるスペースが確保されている。頭上空間にも余裕がある

――見た目やエンジンの印象はどうスか?

小沢 見た目に関しては思っていたよりワイルドだね。左右フェンダーが力強く盛り上がり、カローラシリーズの中で最もヤンチャかなと。実はグローバル仕様とは顔が異なるが日本版もイイ!

走りも1.8Lのハイブリッドだが、システム出力122PSで1.4t台のボディをグイグイ引っ張る。燃費もスゴくてWLTCモードで26.2q/Lを記録。

今回、高速道路を中心に40qほど試乗したが、実燃費でも24.3q/Lをマーク。軽くクラストップの数字を叩き出したからね。さらに先進予防安全装備「トヨタセーフティセンス」は、高速道路の追従オートクルーズ走行で完全停止まで可能!

――欠点はない?

小沢 最大の欠点は1.8mを超える横幅だね。日本の道路環境では若干デカいかなと。まぁ、カローラクロスは世界戦略車なのでグローバルサイズになっているんだが。

――購入時のライバルは?

小沢 最強のライバルはホンダ・ヴェゼル。サイズ的にはヴェゼルが全長4.3m台、全幅1.8m以下でカローラより扱いやすい。それでいてリアシートはカローラより広く、インテリアの上質感もスゴい。

ただし、カローラは燃費、そして487L(後席使用時)のラゲッジ容量がハンパない。ヴェゼルより100L近く広い!

ホンダ「ヴェゼル」価格:227万9200〜329万8900円、発売:2021年4月、値引き:10万円、リセールバリュー:B。初代の世界累計は380万台以上を誇るSUVの絶対王者。その2代目となる現行モデルは圧倒的な上質さと室内の広さを誇る

――ほかにライバルは?

小沢 ヤリスクロスはリアシートの広さや車格で考えるとカローラクロスより落ちる。特に大人が4、5名乗る家族だとヤリスクロスは選べないが、でも走りの良さはクラストップ!

それからマツダのCX−30。全長はほぼ4.4mとカローラクロスに次ぐサイズだが、リアシートはさほど広くない。しかし、スタイリングや内装の質感に関してはピカイチ! 価格はガソリン版が239万円スタートで、ディーゼルエンジンも用意されている。個性派SUVを狙うならコイツだ!

トヨタ「ヤリスクロス」価格:179万8000〜281万5000円、発売:2020年8月、値引き:15万円、リセールバリュー:B。日本で最も売れているのがトヨタ・ヤリス。そのSUVがヤリスクロスだ。ヤリス譲りの走りの良さと燃費はクラストップ

マツダ「CX−30」価格:239万2500〜371万3600円、発売:2019年9月、値引き:8万円、リセールバリュー:B。内装のプレミアム感は他の追随を許さない。マツダらしいスポーティな走りも魅力的だ。エンジンはガソリンとディーゼルを用意

――全車e-POWER搭載の日産・キックスは?

小沢 コイツの過激な電動加速はチョー気持ちイイ! それと日産自慢の運転支援システム「プロパイロット」の操作感もイイぞ!

日産「キックス」価格:275万9900〜311万4100円、発売:2020年6月、値引き:10万円、リセールバリュー:B。日産自慢のe−POWERを全車に採用したのがキックスだ。その電動感の強い走りは加速力に優れ、静粛性もすこぶる高い

――ズバリ、カローラクロスはお買い得?

小沢 ぶっちゃけ、総合力で選ぶならコスパ最強のカローラクロスで決まり! ただし、超広いリアシートや質感を求める場合はヴェゼルも検討すべし!

●小沢コージ
自動車ジャーナリスト。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのCARグルメ』(毎週木曜17時50分〜)。YouTubeチャンネル『KozziTV』

撮影/出雲井 亨 小沢コージ 本田雄士

関連記事(外部サイト)