決算直前! クルマを買うなら、今年が特にお買い得な理由と値引きを狙える交渉術を専門家が指南

決算直前! クルマを買うなら、今年が特にお買い得な理由と値引きを狙える交渉術を専門家が指南

シオミ博士がオススメする「今買うべきクルマ」のひとつ、トヨタ「クラウン」(税込価格460万6200円〜718万円7400円)、目標値引き額は25万円。15代目は2018年6月に登場。トヨタの「コネクティッドカー」第1弾モデル。エンジンは3.5L、2.5L、2Lの3種類を用意

平成最後の決算が目の前に迫っている。今年は特にお買い得なんだとか。自動車ジャーナリストのシオミ博士が、プロだけが知る極秘ネタをご開帳!

■今年の決算はなぜ超狙い目なのか

──日本で新車が最も売れるといわれる3月が間もなくです。なぜ3月にクルマが飛ぶように売れるんでしょうか。

博士 一年間で最も新車市場が活発になるのは"期末"である3月。一年の総仕上げなので、各自動車メーカーは企画を立て、億単位の支援金を販売店に拠出します。それが値引きや下取り価格のアップの資金となるわけです。

──実際、3月はどれぐらいの数が売れるんですか。

博士 昨年3月は66万台の新車が売れています。この数字は最も売れなかった月の約2倍です。

──しかも、今年の3月決算は特に狙い目とか?

博士 10月に消費増税が予定されています。その駆け込み需要を見越してメーカーがお買い得な企画を展開するでしょう。つまり、支援金を例年以上に用意するはず。

──最高じゃないですか!

博士 ただし、期末の成績にカウントされるのは3月に登録したクルマのみ。納車までに要する期間を考慮すると、この記事を読んでいるタイミングはギリギリかも(苦笑)。

──新車を狙っている人はディーラーにダッシュすべし!

博士 いやいや、闇雲(やみくも)に突撃すると、それは"カモ"にされるだけ。値引きは交渉の仕方によって大差がつくんです。複数のライバル車との競合を伝えながら、粘り強く交渉するのが秘訣(ひけつ)です。

──交渉の中身というのは?

博士 車両の値引きだけではなく、カー用品のサービスや、下取り車の価格アップ、クレジットの金利の値下げなど、交渉すべきことはたくさんあります。もちろん、セールス担当も人間ですから、明るく楽しく交渉するのが大幅値引きを勝ち取る最短ルート。

──交渉のスケジュールってどんな感じですか。

博士 2月から3月は必ず週末にフェアを開催しています。なので、金曜日に交渉をスタートし、翌週の土曜、日曜あたりに決める。本命、対抗の見積りを取り、競合をあおりながら条件を詰めます。

──交渉時のポイントは?

博士「好条件なら購入する」いう意思表示をする。決算期に購入するかどうかわからない客に時間を割きたいセールス担当はいませんから。

──セールス担当と馬が合わない場合はどうすれば?

博士 クルマを購入すると、しばらくはそのセールス担当と付き合うことになる。なので、まず購入したいクルマを決めたら、カタログをもらいに販売店に足を運び、試乗することをオススメします。

──それはどうして?

博士 雑誌やネット、カタログと、実際に乗るとでは印象が大きく違います。と同時に、セールス担当との波長が合うかどうかも試乗で見極められます。波長が合わないと、せっかくの新車購入が台なしになることもあります。

──なるほど。さらに裏技とかありませんか。

博士 発注してから製造される車種よりも、在庫がある車種のほうが大幅値引きを勝ち取れる傾向が強いです。

■週刊プレイボーイ増刊『クルマプレイボーイ』(2月21日発売)『決算直前! 専門家が徹底指南! 今買うべきクルマはコレだ!!!』より

●自動車ジャーナリスト・シオミ博士
関西学院大学卒業後、山陽新聞社、自動車専門誌『NAVI』編集長を経てフリーに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

構成/黒羽幸宏 撮影/本田雄士

関連記事(外部サイト)