【画像】マツダ初の量産EV「MX−30」が35.5kWhの小さな電池を搭載する理由とは? マツダの美しき「大義」を廣瀬専務が明かす

マツダ初の量産EV「MX−30」が35.5kWhの小さな電池を搭載する理由とは? マツダの美しき「大義」を廣瀬専務が明かす

クーペ風のクロスオーバーSUVのMX-30。骨格はマツダ3から採用のスカイアクティブアーキテクチャの最新版。マツダ・廣瀬一郎専務(左)と小沢コージ

この写真の記事を読む