ホンダ「N−BOX」vsトヨタ「ヤリス」、販売台数首位を争う2台でガチ買いするならどっち?

売れ筋の価格がモロかぶりの軽とコンパクト。N−BOX(上)vsヤリスを比較!

新型コロナウイルス禍により逆風が吹き荒れた新車販売。そんななか絶対王者と新型コンパクトが激熱の首位争いを展開。ぶっちゃけ、どっちが買いなのか? 自動車ジャーナリストの小沢コージが濃厚解説する。

■新型ヤリスは霜降り牛肉コロッケ!?

んん? 新型コロナの感染拡大が色濃く反映された4月の新車販売ランキングが摩訶不思議な順位になっており、オザワの目は釘づけになった。1位は変わらず常勝ホンダN−BOXで2位を約4000台引き離して1万4000台のぶっちぎり。

しかし、注目したのはそこじゃない。1万台超を売った2位のトヨタヤリスに心底驚いた。複数の関係者から「ヤリスの人気がスゴい」とは耳にしていたが、まさかココまでとは! マジな話、ここ数年登録車がトップ3に食い込むのを見たことがなかったからだ。

nbox_yaris2.jpg

それにしても、1位のN−BOXの強さは驚異的だ。2011年に初代を発売すると、わずか5年で国内販売累計100万台達成はホンダ車で最速。そして8年で177万台もホンダ車最速。昨年、単独でも断トツの25万台を売った。

ホンダ「N‐BOX」価格141万1300円〜212万9600円、目標値引き10万円、ボディサイズは全長3395o×全幅1475o×全高1790o。写真はカスタム。けっこうなゴツ顔だ

現在、新型コロナの影響で工場は休止。ディーラーも時短営業のなかでも1.5万台近く売っている。月販でも去年11月を除き、累計31ヵ月国内販売トップ。新車界の絶対王者は、新型コロナ時代に突入してもマジでクソ強い!

ちなみに現在、N−BOXは、安いノンターボが売れまくりだが、それも納得で、N−BOXのスゴさは実際オーナーでもあるオザワが誰よりも知っている。それは乗り物としての圧倒的な効率の良さにある。

何せ、たった141万円で高級サルーンを超える広さ、同等の乗り心地とクオリティが得られ、先進安全性のホンダセンシングは登録車並みのレベルよ。それでいて軽自動車税は年間1万円ちょいで燃費はハイブリッドカー顔負け。オマケにF1&スポーツカーイメージもあるホンダブランドの見えまでついてくる。

カスタムの内装は精悍な黒。収納は豊富。メーター位置が高く見やすい

エンジンは自然吸気とターボの2種類を用意。自然吸気はVTECを搭載する通常の奥行きは310oだが、後席を全部倒すと奥行きは1500oまで広くなる。多彩なシートアレンジが可能

ついでに言うと車内で子供がラクチンに着替えられる高さと広さも持つ。事実、N−BOXを買うと、「アレ? なんでこれまで高い税金払って登録車を買ってたんだ?」となる。

ある意味、N−BOXは禁断の果実だ。新型コロナ時代に突入したことで、「意外とオフィス行かなくても大丈夫じゃん」と気づいた状況にも似ている。

特にホンダの軽はスズキやダイハツのそれと違い登録車からの買い替えが多く、N−BOXのラクさ、効率の良さに気づくと後戻りできない。それは上半身だけスーツでZoom会議に出席できるお気楽さに近い。

ちなみにN−BOXは軽、ヤリスは登録車とジャンルは違えど、価格はほぼ140万円スタートのガチライバルだ。確かに値段はN−BOXに近いがコンセプトは真逆。ヤリスは小さくかわいく走りがいい欧風コンパクトの強化ハイテク版。

トヨタ「ヤリス」価格139万5000円〜249万3000円、目標値引き10万円、ボディサイズは全長3940o×全幅1695o×全高1500o。写真モデルはハイブリッドG

原点は1999年発売の初代ヴィッツ。当時からメインマーケットは日欧で、3代目モデルまでの世界累計859万台超! 直近の販売内訳は欧州が6割強、日本が2割強だ。

要するに事実上の日本ブランドの欧州車なのだ。

しかも、新型4代目になり国内でも欧州名のヤリスに改名し、欧風テイストはより濃厚になった。全長ほぼ4mとN−BOXより約60p長いが室内はハッキリ言ってタイト。新型になってキャビンがグッと絞られてスタイル重視になったからだ。

だが、ヤリスはこれまでのコンパクトを超える居心地のよさがあるし、何よりステアリングフィールは圧倒的で、スポーツカー顔負けの質感だ。ヤリスでの遠出はガチで楽しすぎる。

さらに驚きはパワートレイン。売れ筋の1.5Lのガソリンもパワフルだが、全体の39%売れているハイブリッドがとんでもない。速いだけでなく、実燃費はリッター30qを軽く超えてしまうのだ。

ソフトパッドが張られたインパネ。車載通信機は全ヤリスに標準装備されるエンジンはすべて直列3気筒。1L、1.5L、1.5Lハイブリッドの3種類奥行きは通常680oだが、後席を全部倒すと1460oまで拡大。十分広い

一方でヤリスが売れた背景には新型コロナの影響があると思う。黙って買って間違いないのはN−BOXだが、コロナの感染拡大を体験し、死を意識し、この先どうなるかわからないこともわかった。何より自粛に耐えてきた。だからこそ、走らせて楽しいクルマにみんな乗っておきたい。それが新車販売2位にヤリスが躍り出た理由では。

オザワに言わせればN−BOXは安くて普通にウマくて満腹になるプレミアム牛丼。片や、ヤリスは高級すき焼き専門店の霜降り牛肉コロッケである。どっちを買うかは価値観次第だけど、購入するなら、ぜひ試乗をするべし!

取材・文・撮影/小沢コージ 撮影/本田雄士

関連記事(外部サイト)