宅配便最大手のヤマト運輸が荷物の取扱量抑制の検討を開始 物流システムが悲鳴か

記事まとめ

  • ヤマト運輸が荷物の取扱量抑制の検討を開始 時間指定配送の枠を見直す案などが浮上
  • 取扱量抑制の声が上がったのはヤマト社内の労使交渉の場で組合側が取扱量の抑制を要求
  • 佐川急便が、アマゾンからの依頼を受け付けなくなり、ヤマトへの集中化が進んでいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております