東芝が上場廃止の瀬戸際に 上場廃止なら増資などによる資金調達が困難になると予想

記事まとめ

  • 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が上場廃止の瀬戸際に立たされている
  • もし東芝が上場廃止になると増資などによる資金調達がやりにくくなることが予想される
  • 日本の場合、上場が一流企業と同一視される傾向が顕著で、社会的信用が低下する影響も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております