「遠くない未来に取材ヘリを飛ばしたい」乗りものニュース・浦山利史社長

「遠くない未来に取材ヘリを飛ばしたい」乗りものニュース・浦山利史社長

株式会社メディア・ヴァーグの浦山利史代表取締役

 インターネットが一般に普及し始めてから約20年が経ちます。キュレーションやブログ、SNSなど「流通」のテクノロジーが劇的に進化し、これに呼応するように新興企業や個人など「生産」を担うメディアの数も激増しました。ネットのテクノロジーの恩恵を誰もが普通に受けられるようになった現在、生産サイドのメディアはどのように進化しようとしているのでしょうか? 第一回は、鉄道や自動車など交通系の情報に特化した「乗りものニュース」を運営する株式会社メディア・ヴァーグの浦山利史代表取締役(41)に話をうかがいました。

雑誌の面白さと新聞の取材力の融合を目指す

 大学を出た後、ネコ・パブリッシングという自動車や鉄道を扱う出版社に入りました。コアな内容、読者が多いこの会社で、メディア業の面白さを学びました。

 2002年くらいから個人でサッカー関連のブログを始めたところ、1年で100万PVくらい読んでもらうことができました。ミクシィのコミュニティで盛り上がったり、そこでオフ会を開催したら80人くらい集まったりなど、「ネットってすごいパワー持っているな」と個人の趣味の範囲でも分かりました。紙で11年、書籍や雑誌に携わったことで、情報の質を大事にする感覚が培われました。そこにネットのスピード感とリーチ力を融合できると面白いなと考え、いまに至っています。

 雑誌はネットメディアと違い、自分たちの意見をユーザーにある程度強めに押し付けるような側面があるんですよね。その強さがコミュニティを形成していく、その“一方通行性”が面白いなと思いました。特に自分が関わっていた会社では専門知識が必要な媒体が多かったこともあり、業界で有名な人など、編集部には強力な人間がたくさんいました。その人たちの持っているパワーがメディアに影響していくところが面白かったです。

 独立後、共同事業として「フットボールチャンネル」(http://footballchannel.jp)や「フルカウント」(http://full-count.jp/)を手がけ、ネットメディアのスピード感を業務を通じて学ぶことが出来ました。

 弊社で運営している「乗りものニュース」の編集部は、フリーライターや編集プロダクションで働いていた人材を中心に編集長以下5名のスタッフで運営しています。記事は基本的に内製で、編集部員が取材に行くようにしています。雑誌の取材というと、基本的に自分たちの文脈があって、そこに沿った取材の仕方をすることが多いですが、新聞は逆で、現場主義になるので自分がどう考えていようが、起きたことを正しく伝える。その点は、乗りものニュースでもしっかり持っていなければならないと考えています。

取材力は特殊能力

 取材力って本当に、特殊能力だと考えています。セールスでトップクラスになるような人材と似たような資質かなと。誰でも取材という行為はできるはずですし、話を聞くことはできますが、誰よりも多くの、質の高い情報を取ってこられる能力を持っている人は特殊な能力なので、どんな環境になっていても強いと思います。

 メディア事業に携わる場合、コンテンツを作る側にいなければならないと起業したときに思いました。コンテンツを作る側にいれば、雑誌だろうと電子書籍だろうとネットメディアであろうと、商流が変わっていったとしてもプレゼンスは保てると考えています。

 今後、取材の仕方は、ハイブリッドになっていくと思います。ハイブリッドというのは、プロが主体的に作るコンテンツとユーザーが投稿するコンテンツのハイブリッドです。

 乗りものニュースの場合は、ニッチですがエンゲージメントの高いユーザーさんがたくさんいるので、彼らにどんどん情報を出していただく。そこを編集側がキャッチアップすることを繰り返すことが必要になっていくと考えています。

よいコンテンツを作るためには、お金が必要

 乗りものニュースは、マニアックなメディアだと思われがちですが、交通インフラ情報というのはすごく大きなパイなんです。首都圏だけで3500万人くらいの人が住んでいて、ほとんどが鉄道、バス、自動車に当たり前に触れています。

 ただ、いまのアドテク(ネットの広告自動配信技術)だけで一定以上の売上にしていくのは難しい。自分はコンテンツが大好きで、そこで勝負していきたい。他社よりよいコンテンツを作っていくためには、原資が当然必要です。

 そこの原資を生み出すために、サービスの多様化をしていきたい。そこで出た収益はすべてコンテンツに再投資していくという考え方です。
 サービスを中心とした場合、メディアは質の高いコンテンツの量を維持しつつ、サービスのファンを作るようなイメージです。ファンになっていただいて、ほかのサービスも使っていただくという思考です。質の高いコンテンツとは、ファクトに間違いがなくて、正しいタイミングで出せるものというのをうちの会社の定義にしています。ユーザーが欲している情報をただ適切に正しく伝えていくことを考えて日々業務にあたっています。

 乗りものニュースに関していうと、専門知識がうちにはあるので、そこでいかに膨らませていけるかを強みにしたい。そこはスモールメディアというかターゲットメディアを立ち上げた一番の要因です。

取材ヘリを飛ばしたい

 もともと乗り物は私の趣味なので、愛情があると何でもできるという部分もあります。極端にビジネスライクにやらなくてもいい。

 ファクトだけを書くのであればどこでも同じアウトプットになりますが、どこが書いても同じ原稿をうちが作る必要はありません。読者が乗りものニュースに来たとき「ちょっと余分な情報が付いてて面白いよね」というような形をつくるには、愛情がないと作れないと考えています。

 「ひらめきは知識の総量に比例する」というような言葉が、若いころから座右の銘でした。いろんな知識はありますが、専門知識はそれを積みかねていくしかないのです。ネットメディアのスピード感を保つうえでは、人それぞれの知識の総量というのはすごく重要です。専門媒体は専門知識で負けてはいけませんし。

 遠くない未来に、自社で取材ヘリを飛ばしたいと妄想しています。それが平気でできる収益構造にしたいと思っています。自分は雑誌出身なんですが報道に対してもあこがれがあって、自分たちの会社にいれば、交通に関する情報だったら日本中どこよりも速くあるというのが理想形ですね。エンタメでもありつつ、報道でもありつつという存在になりたいです。

 そうすると、弊社でしか出せないスピード感の情報がコンテンツとして出せる。それが夢なんです。いまでもいろんなツールを使えばできるんでしょうけど、現実として自分たちが握っている状態が理想です。
 
(聞き手:奥村倫弘)