なぜスズキはトヨタを選んだか? 両社の「このままじゃダメだ」

なぜスズキはトヨタを選んだか? 両社の「このままじゃダメだ」

[写真]業務提携の検討開始を発表したトヨタとスズキ(ロイター/アフロ)

 トヨタ自動車とスズキが業務提携へ向けた検討を始めることを12日に発表しました。記者会見では「詳細はこれから」として、あまり多く語られることはありませんでしたが、両社にとって今回の業務提携の狙いは何なのでしょうか。モータージャーナリストの池田直渡氏が読み解きます。

突然の会見開催案内

 10月12日15時09分、トヨタ自動車広報部から突然のメールが舞い込んだ。

“急なご連絡で大変恐縮ですが、添付の通り本日共同会見を実施いたしますので、ご多忙のところ、また遅い時間で恐縮ですが、ご来場賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。”

1.日 時: 2016年10月12日(水) 18:30〜19:15
2.場 所: トヨタ自動車株式会社 東京本社 B1階 大会議室
3.会見者: スズキ株式会社 代表取締役会長 鈴木修
トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 豊田章男

 これは大事である。第一に鈴木修会長と豊田章男社長がそろってということになれば、常識的に事業統合系の話であることは見当が付く。

 第二に東京証券取引所の後場の取引終了時間は午後3時まで、つまりこのメールは後場の終了をにらんで配信されている。それはつまり、両社の株価に重大な影響を与える内容であることを示唆している。話が前後するが、翌日の前場開始の午前9時から約1時間で、トヨタの株は途中迷いを見せながらも50円ほど上がった。一方のスズキはどうかと言えば、開始と共に一度上がり、すぐに下がり始めて、始値を一度割り込んでから回復した。ここまでほぼ1時間。

 つまり12日の記者会見内容について、マーケットはトヨタは好感、スズキについては判断が割れているということだろう。一体その会見の内容はどんなものだったのか?

トップ競争抜け出す最良の手

 常識的に考えれば、米GMや独VWなど数多くの提携先と浮き名を流しながら、最終的には独立独歩の気質が災いしていずれの相手とも添い遂げることがなかったスズキが、ついに嫁ぎ先を決めたのだろうと考えるのが妥当だ。スズキにはインドマーケットという莫大な“持参金”があり、かつ未来永劫独立を維持して世界のトッププレイヤーと戦っていくには体力的に不安があるので、いずれどこかと組むはずだと誰もが思っている。

 トヨタ、VW、GMという年販1000万台級のトップグループにとって、スズキの300万台は労せずに競争から抜け出せる最良の手だ。仮にトヨタがスズキを射止めれば、国内と北米マーケットをトヨタとスバル、北米と中国の富裕層マーケットをレクサス、ASEANをダイハツ、インドをスズキという布陣で望めることになり、欧州戦略以外の全てに然るべき手が打てることになる。

 なのでマスコミ各社はこの会見に色めき立った。世界自動車戦争の趨勢が決まる会見かもしれないからだ。トヨタ東京本社の大会議室は会見開始の15分前には満席となり、異様な熱気に包まれていた。

 しかしながら、今回の会見にはおかしな点もある。今年1月29日には、トヨタとダイハツの緊急会見が開かれた。この時も後場の終了を待って案内が送られて来たが、会場は日本橋蛎殻町のロイヤルバークホテルだった。本来こうした会見はしかるべき舞台で行われる。何故トヨタ本社の会議室なのか?

 蓋を開けてみれば、それは本当に緊急会見だったということだ。ホテルを手配する時間すらなかったのである。実は今回、記者会見会場で配られたリリースタイトルは「スズキとトヨタ、業務提携に向けた検討を開始」。サブタイトルが「環境や安全、情報技術等の分野で連携を強化」という曖昧なもので、具体的なことが何一つない。鈴木会長と豊田社長の説明によれば、話し合い開始を決めたのは今月に入ってからのこと。あくまでもこれから話し合いをして行きましょうということが決まっただけで、それ以上の一切は決まっていない。しかし、メリットが見えなければ話し合いを始める意味がない。そこに一体何があるのだろう?

「良品廉価」だけでは……

 両者の背景から振り返ってみよう。まずは話を持ちかけたスズキ側からだ。スズキは「良品廉価」を掲げているが、それはただのスローガンではない。2000年代に入ってから、低価格のハイコストパフォーマンスカーを作ることにかけて、スズキは明らかに一皮剥けた。ドイツ各車が複雑なメカニズムなしにクルマを作れない様子を横目で見ながら、低コストのままパフォーマンスを向上させて見せた。それはGM(オペル)との「アギーラ」の共同開発の中で磨かれたノウハウだ。

 「もっと高級なメカニズムを採用しないとパフォーマンスが出ない」と言うオペルに対し、簡素で低廉な構造のまま彼らの望むパフォーマンスを作り上げて見せた。スズキにとってはオペルの性能基準はショックだったと言うが、それを新たな基準として取り入れたことでスズキのクルマは大きく前進した。現在、良品廉価という点では世界で最も進んでいるメーカーだと言っても過言ではない。

 筆者はそのスズキの技術をスゴいと思っているのだが、鈴木会長はそう思っていないらしい。「良品廉価だけでは今後生き残って行かれない」と断言するのだ。言われて見れば確かにそうだ。今後の自動車の方向性を考えれば、環境技術や安全装備、自動運転、コネクテッドカー(車両間通信機能)など、基礎技術開発に莫大なコストを要する案件が目白押しに並んでおり、年販300万台というスズキの規模でそれを単独開発していったのでは価格競争力を失ってしまう。欧州ではこうした基礎技術開発をメーカー横断で行っており、当然そうして基礎技術開発を割り勘にしたクルマと戦って行くためにはスズキにも何かしらのアライアンスは必須になってくる。

 つまりそうした背景に鑑みて、今後どことアライアンス(業務提携や同盟など)を組むべきかについて、スズキはずっと各社の様子を観察して来たということだ。そして鈴木会長は9月の初旬にトヨタの豊田章一郎名誉会長を訪ねた。豊田名誉会長は「協議だけはしてもいいのではないか」と答えたという。そして今月に入ってから豊田社長との会談を経て、今回の発表に至ったということである。

「インド市場対策では?」の質問に

 ではスズキは何故トヨタを選んだのか? 筆者の推測だが、トヨタのアライアンスに対する姿勢が変わって来たことが大きい。古くから資本関係のあるダイハツはともかく、スバルと資本提携しながら、以後スバルブランドを尊重した経営を継続している。マツダとの関係も決して一方的なものではない。つまりかつての提携とは強者が弱者を併呑(へいどん)し、リスペクトを払わないものであったのだが、少なくとも今のトヨタはそういうことをしない。そう鈴木会長は踏んだのではないかと思う。

 実際、今回の提携に対して記者から上がった「インドマーケット対策ではないのか」という質問に対し、豊田社長はこう発言している。「自動車産業は国益に関わる事業です。スズキはインドで長らくパイオニアとして、(インド政府と協調しながら)自動車マーケットを育ててきた実績があります。トヨタが単純にスズキを利用してインドマーケットを手に入れようという考え方は、スズキのこれまでの長年の努力に対して失礼に当たります。トヨタはアライアンスの下手な会社なので、それを自覚しつつ、オープンな提携を目指し、未来のモビリティや、もっと良いクルマ作りを進めて行くことを考えています」。

 ダイハツの100%子会社化の記者会見では、トヨタが持ちかけたという発表になっていたが、後に筆者が豊田社長にインタビューした時、「実はあれはダイハツからの話でした」と驚くべき言葉が出た。それに続く言葉がまた面白かった。「トヨタが世界戦略をどう考えるかより、まずはダイハツがどうしたいのかです」。そこにはダイハツに対するリスペクトが感じられた。それこそ章男社長体制になって以降の、最も大きなトヨタの変化なのではないか。

 スズキという会社は独立独歩の気概が強く、規模の理論で蹂躙しようとすればVWの時の様に徹底抗戦するだろう。GMやVWとの提携を解消してきた鈴木会長は「勉強させてもらってきた」と述懐するが、その勉強の成果こそが、今回のトヨタとの提携の話し合いに繋がるものなのではないか? 少なくとも今のトヨタは世界のトップメーカー各社の中からスズキがチョイスした相手である。

 翻って見れば、トヨタが大きく変わったということだろう。マツダの時もそうだったが、「何のために」という明確な目的を設定せずに提携が決まった。それは話の通じる会社として認知されたということを意味しているのではないか。

 1980年代まで続いた家庭用ビデオの規格戦争「VHSとベータ」の話を振り返るまでもなく、これからの基礎技術はデファクトスタンダードの奪い合いになる。アライアンスをしっかりとまとめ上げ、より大きな勢力図を描かないとスタンダードは取れない。トヨタとスズキは「このままじゃダメだ」という大きな危機感の中で今回の提携に踏み出したと考えるのが妥当だろう。

(池田直渡・モータージャーナル)