配偶者控除の廃止がまたしても見送りも保険料の徴収基準変更で公的負担は着々増加

記事まとめ

  • 今回こそは決定されるのかと思われていた配偶者控除の廃止はまたしても見送りとなった
  • さらに10月から社会保険の保険料を徴収しない基準が年収106万円未満に下がった
  • このままでは100万円以下の労働しかしないという女性が増える可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております