ロールス・ロイスの「意外に手頃なSUV」はヒットの可能性大

ロールス・ロイスの「意外に手頃なSUV」はヒットの可能性大

「魔法の絨毯」といわれるロールス・ロイスSUVの乗り心地は?

 超高級車ブランドとして知られるロールス・ロイス(英国)がSUV(スポーツ多目的車)を発表して大きな話題となっている。一体どんなクルマなのか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が、ロールス・ロイスの歴史とともに紹介する。

 * * *
 2018年5月10日、ロールス・ロイスは、新型モデルとなる「カリナン」を発表しました。この世界最大のダイヤモンドにちなんだ名前を持つロールス・ロイスの最新モデルは、同ブランド初のSUVでありました。

 ベントレーの「ベンテイガ」、ランボルギーニの「ウルス」、メルセデスベンツのコンセプト「アルティメット・ラグジュアリー」に続いて、ラグジュアリー・ブランドのトップに位置するロールス・ロイスも、ついにSUVをリリースしたのかと、世界中から注目を集めています。

 ロールス・ロイスほど伝統と格式を感じさせるラグジュアリー・ブランドはありません。

 自動車がようやく世に広まり始めた1900年代初頭に英国で誕生。非常に高額ではありましたが、優れた走行性能と静粛性、耐久性が認められ、すぐに超高級車として大人気に。驚くほどの乗り心地の良さは「魔法の絨毯」と称賛されたほど。そのため英国の王室など、世界各国のVIPがこぞってロールス・ロイスを買い求めました。その中には日本の皇室も含まれます。

 また、ロールス・ロイスは自動車だけでなく、航空機のエンジンにも手を広げ、第一次世界大戦や第二次世界大戦において英国を守る航空機の心臓として大活躍します。

 ちなみにロールス・ロイスは、1970年代に経営が困窮し、国営化されて、飛行機部門が分離されています。今も多くの旅客機のエンジンにロールス・ロイスのエンブレムを見ることができます。また、ロールス・ロイスの乗用車部門は、ドイツのBMWの傘下となっています。

 世界のセレブの愛車となったロールス・ロイス。そのライバルとなったのはメルセデスベンツでした。しかし、メルセデスベンツは、エントリー向けのコンパクトカーから商用車まで手掛ける総合自動車メーカーに拡大していったため、“ラグジュアリー”というイメージだけなら、今はロールス・ロイスが上と言っていいでしょう。

 また、ロールス・ロイスにはベントレーという兄弟ブランドもあります。そちらは現在のところフォルクスワーゲンの傘下となっており、ベントレーは、よりパーソナル色の強いドライバーズカーというキャラクターを前面に押し出すようになっています。そのためロールス・ロイスは、よりフォーマルなブランドとして見られています。

 ロールス・ロイスがどんなクルマかと聞かれれば、世界最高の「ショーファードリブン」と答えてさしつかえないでしょう。ショーファードリブンとは、お抱え運転手付きのクルマのことです。つまり、オーナーは運転席ではなく、後席でゆったりとくつろぐクルマ。

 もちろん価格は驚くほど高額です。たとえば代表モデルであるファントムであれば、1台が5000万~6000万円。ですからアジアの超高級ホテルが、お客様の送迎用に数十台単位で購入したときに、数10億円かかった! とニュースになるほど。それほど高額なクルマですから、コストパフォーマンスを考えると、普通の人の選択肢には入ることはありません。

 日本の会社であれば、どんなに偉い人でも、黒塗りのハイヤーで十分。また、メルセデスベンツのトップモデルであるSクラスマイバッハでも2000万円台です。普通の感覚であれば、マイバッハで十分に贅沢。国賓を迎えるときも、普通はSクラス同等が運用されているのではないでしょうか。

 そういうわけですから、便利とか高性能とかコストとか、そういうものではなく、ひたすらに“贅を尽くす”ために選ばれる。それがロールス・ロイスと言えるでしょう。

 そのロールス・ロイスがSUVをリリースしました。リリースを読むと、お抱え運転手だけでなく、オーナー自らハンドルを握ることも考えられているようです。

 アルミを多用したボディに最高出力536馬力/最大トルク850Nmの6.75リッターV12ターボエンジンを搭載。4輪駆動というだけでなく、4輪操舵機能も装備。オンロードだけでなく、悪路から雪道、砂漠までを、ロールス・ロイスならではの「魔法の絨毯」のような素晴らしい乗り心地で走破するそうです。

 もちろん室内のしつらえはゴージャスそのもの。アラビアのロレンスと呼ばれたT.E.ロレンスもロールス・ロイスを愛用した一人ですが、彼が「砂漠における1台のロールス車は複数のルビーをしのぐ」と言ったように、今度の新型「カリナン」も貴重な宝石のような価値を備えていることでしょう。

 新型「カリナン」の価格は、イギリスポンドで21万ポンド(税抜き)。1ポンド=148円で計算すると3108万円です。日本での販売価格は6月に発表されるとか。普通のクルマとして考えれば、十分に高額ですが、ロールス・ロイスとしては、意外に手ごろな価格。超高級ブランドでもSUVはトレンドですから、「カリナン」のヒットの可能性は大きいでしょう。

「カリナン」の投入でロールス・ロイスの販売台数が飛躍的に伸びれば、街中でロールス・ロイスを目にする機会も増えます。超セレブだけのブランドであったロールス・ロイスが、もう少し身近な存在になるはず。もしかすると、そこがロールス・ロイスがSUVを投入した理由かもしれません。

関連記事(外部サイト)