介護という社会課題のためにAIを活用した事業の可能性

介護という社会課題の解決のためAIを活用 認知症ケアの技法を習得できる技術を開発

記事まとめ

  • 株式会社エクサウィーズは介護という社会課題の解決のためAIを活用した事業に取り組む
  • 家庭でのケアの様子をAIが分析し、認知症ケアの「ユマニチュード」という技法を教える
  • AIの世界は長期的成長が期待でき、AIを組み合わせれば介護に投資する人が増えるという

介護という社会課題のためにAIを活用した事業の可能性

介護という社会課題のためにAIを活用した事業の可能性

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 AI介護という不思議な組み合わせでビジネスに取り組む企業がある。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、そのユニークなチャレンジを続ける企業、株式会社エクサウィーズ代表の石山洸さんに会って、話を聞いた。

 * * *
 先日、ある男性と対談した。石山洸さん(35歳)。今いちばん注目されているベンチャーの雄である。リクルートでAI研究機関を立ち上げ、その後、退職して次々とベンチャー企業にかかわってきた。2016年に立ち上げた株式会社エクサウィザーズでは、介護という社会課題の解決のため、AIを活用した事業に取り組んでいる。

 AIと介護という不思議な組み合わせに、ひっかかりを感じた。AIが普及したら、いくつかの職業はなくなるのではないかといわれている。たとえば、小売店の販売員、会計士、一般事務、秘書、スーパーやコンビニのレジ係、電車やタクシーなどの運転手……。

 そんななかで高度な対人関係能力が求められる介護の分野は、AIとは遠い分野だと思ってきた。介護の、言葉にならない言葉を聞く非言語コミュニケーションは、AIには到底できないのではないか、と。

 彼が着目したのは、認知症ケアの「ユマニチュード」という技法だ。「知覚、感情、言語による包括的ケア技法」ともいわれ、35年前、2人のフランス人によって考案された。

 たとえば、認知症の人に話しかけるときには、目線を合わせ、やさしく手などに触れながら語り掛ける。触り方もコツがある。腕をつかむと、恐怖を感じさせてしまい、介護を拒否されることが多い。ユマニチュードでは、下から腕を支えるようにもちあげる、といった技法が用いられる。

 石山さんは、AIを活用し、だれでもユマニチュードを習得できるようにした。家庭でのケアの様子を、カメラを通してAIが分析し、どのように接すればいいのか、AIがユマニチュードの技法を教えてくれるのだ。そうやって、介護の質を高め、人材育成をしていくことで、介護難民があふれるといわれる2025年問題を解決しようとしている。

 もちろん、ビジネスだから志だけでは成立しない。かつての介護ビジネスバブルの時代は終わり、現在は厳しい冬の時代だ。介護ビジネスを起業し上場できたとしても、株価は2、3倍が限界だろう。

 一方、AIの世界はテクノロジーが進化し、長期的成長が期待できるので、株価は最大50倍も予想される。介護ビジネスへの投資は二の足を踏んでも、AIと介護を組み合わせれば投資する人が増える、と石山さんは睨んでいる。

 さらに石山さんは、おもしろいことを考えている。AIの得意技は、たくさんのデータを集めて、解析すること。介護士がどうかかわると、利用者がどう反応するかというたくさんの情報を蓄積することで、「根拠に基づく介護」ができていく可能性がある。

 もしかしたら、これまでいいと思われていた接し方が、実はあまり意味のないことだとわかるかもしれないし、反対に、あまり重要視されていなかったことが、いい効果をもたらす、といった発見があるかもしれない。それは、新しい価値観や倫理をつくり出す可能性さえある。

 また、自治体向けには、市民一人ひとりの要介護度認定履歴や医療のレセプトなどを解析するサービスも展開している。一人ひとりの健康状態を将来予測し、要介護になることが予測できたときには、そうならないためにどんなサービスが必要か、予防的に対応していくことができる。市民にとっては、健康寿命を延ばすことにつながり、自治体にとっては介護費などの社会的コストを減らしていくことにつながる、というわけだ。

 こうしたAIの活用は、超高齢社会を手探りで歩いていくぼくたちにとって、「新しい地図」になるかもしれない。

 それにしても、なぜユマニチュードに注目したのだろうか。単刀直入に聞いてみた。すると、とても個人的な体験がベースにあることがわかった。彼の家族は双極性障害を長く患っている。コミュニケーションの助けとして、ユマニチュードが使えるのではないかと思ったのが始まりだったという。

 ユマニチュードは、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの柱があるが、なかでも重要なのが「触れる」という要素だ。

 毎朝、ユマニチュードの技法で、「触れる」ことを続けていると、家族の精神状態が安定するようになった。元気になり、薬の量を減らすことにも成功している。こうした個人的で身近な体験が、彼の「夢」を育て、やがて「天命」へと導いていく核になっているように思う。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『人間の値打ち』『忖度バカ』。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

関連記事(外部サイト)