AIは金持ちのツールになる 2030年に起きる混乱シナリオ

AIは金持ちのツールになる 2030年に起きる混乱シナリオ

「AIのイメージに短絡的に振り回されてはいけない」と竹内氏

 あらゆる業界でAI(人工知能)を駆使した技術革新が目覚ましいが、気になるのは、AIをいとも簡単に利用できるかのようなイメージを与えている点だ。しかし、AIはタダではなくお金がかかる。「資金力によって“AI格差”も生まれてきます」と指摘するのは、アップル元社員でITジャーナリストの竹内一正氏だ。同氏が近著『物語でわかるAI時代の仕事図鑑』(宝島社)の内容を紹介しながら、AI社会と働き方の未来シナリオを予測する。

 * * *
 お金のない大学生が立ち上げたフェイスブックが大成功したのは、タダ同然で使えるインターネットという“孵化器”があったからだ。ツイッターにしても同様である。

 しかし、AIはタダでは使えない。そのうえ、AIに入力する膨大なデータを集めるには金がかかる。データ量が多ければ多いほどAIは力を発揮するが、より多くのデータを集めるには、より多くの金が必要になる。

 そして、AIを駆動するには高性能なコンピューティング能力が欠かせない。これもまた金がかかる。

「インターネットは貧乏人のツールだったが、AIは金持ちのツールだ」──つまり、AIが使える金持ちは、AIを駆使してより金持ちになるが、AIに手が届かない貧乏人はより貧乏になる。これがAI時代の真相だ。

 そして、AIは単独でいきなり私たちの前にポンと出現するわけではない。社会の受け入れる力と綱引きをしながら浸透していく。利用する立場の企業経営者の都合もあるし、その中にはAIを導入すればすべての問題が解決できると過大評価して先走る社長もいる。

 一方の従業員たちは、仕事を奪われると考えればしたたかにAI化に抵抗する。

 この度上梓した『物語でわかるAI時代の仕事図鑑』は、多くの企業にAIが進出した2030年の日本を舞台にした未来小説になっている。登場する6人の職業人たちは高齢化、非正規雇用が増加した社会で、時にAIを利用し、時にはAIに振り回されながら、家族を支え懸命に生きようとドラマが展開していく──。

 メーカーの管理職、銀行マン、介護課の市職員、さらに、歌舞伎町の風俗店経営者、漁師を継いだ元技術者の女性、そして弁護士資格を持ちながらも食えなくて妻の郷里で保育士をする男性など、様々な人物が悩み、奮闘する。

 そのひとり、大場美咲(39)は大手自動車メーカー「トクダ自動車」の製造課長だった。だが、その職を突然AIに奪われる。

 美咲は、製造現場にAIロボットを積極的に導入し、劇的な人員削減を実現して、最年少製造課長として社内で高い評価を受ける働きをしていた。しかし、トクダ自動車全体がEV(電気自動車)化やカーシェア対応に出遅れ、売上が低迷し経営危機に陥った挙げ句、美咲たちを待っていたのが課長職のAI化だった。

 美咲の夫は製薬会社での激務から鬱病を患い、小学生の娘を育てながら美咲は大黒柱として一家を引っ張ってきた。高齢の美咲の父は、元はトクダ自動車の課長、今は一人暮らしで、ある日ガンを宣告されてしまう。医療現場もAI化が進み、AI診断は手術を勧めたのに対し、主治医は手術に反対した。その狭間で美咲たち家族は振り回される。

 スマホの第5世代通信システムが稼働する2030年の日本の空にはドローンが飛び、地上では自動運転車が走るが、その道路は老朽化し、橋は通行止めが増え、水道管の破裂も珍しくないアンバランスな社会になっていた。

 トクダ自動車を辞めた美咲に、急成長するモーター製造企業「倉持モーター製作所」を紹介したのはかつての上司だった。20世紀が「エンジンの時代」なら、21世紀に入りAI時代は「モーターの時代」になっていた。エアコンなどの家電から、電気自動車、ドローンまであらゆるところでモーターが活躍。倉持モーター製作所は世界中に生産工場を有する日本トップレベルの企業だ。

 そして、美咲に与えられたポストは名古屋工場の工場長だった。だが、入社3か月にある重要プロジェクトを社長から命じられ、「もし、このプロジェクトが失敗したら、あなたには辞めてもらいます」と告げられた。AI時代を逞しく生き抜こうとする美咲の戦いの先には何が待っているのか?

 2030年の物語の2人目の人物は、歌舞伎町で風俗店「ニューヘブン」を経営する車イスに乗る藤堂竜太郎(60)だ。

 ニューヘブンは2027年に、風俗嬢に代わってAIを搭載したダッチワイフ「ラブドール」を導入し、業界で話題となった。現実空間の生身の女性よりも、スマホやPCのサーバー空間の仮想女性に興奮する草食系男子は増え続け、そんな二次元性風俗に歌舞伎町の風俗店も押され、ニューヘブンも例外ではなかった。

 そこで藤堂は、性的満足ではなく、話し相手になってくれるAI搭載ラブドールの導入を従業員の反対を押し切って決断した。

 ラブドールは、セクシーな身体に美しい顔立ち、吸いつくような肌を持ち、搭載された AI が客の望む会話サービスを提供し、心の満足を与える。声もアニメ声から、しっとりと落ち着いた声など、AIが客の要望に応じて作り出してくれる。ラブドールの導入コストは高いが、融資先に困っていた大手銀行が気前よく引き受けてくれた。

 数年前にヤクザに刺されて半身不随となった藤堂が乗る電動車椅子は、バージョンアップを重ね、AI化で行きたい場所を告げると移動する自立走行対応になっていた。

 さて、ラブドールを導入したニューヘブンは活況を取り戻していき、来店する酔っぱらい客が、高価なラブドールを壊さないよう、店の入口にはAIカメラを用い、客の様子から泥酔判定をするシステムまで導入。客は入口から店内まですべてAIカメラに見張られている。

 ある日の深夜、泥酔した中年客が無理やりニューヘブンに入店し、店内で暴れるという事件が起きた。その中年客は与党の有力政治家の息子だった。数日後、ニューヘブンの本店のPCが外部からハッキングを受け、全てのデータを盗み取られてしまう。ハイテクなAIとローテクの人間の欲が絡み合って物語は意外な方向に展開していく。

「AIは神ではない」──AIに入力するデータ次第で結果は変わってしまう。物語の2章では、メガバンクの頭取が自身の利益のためにAIへの入力データを操作し悪用する事件に東大出の銀行マンが引きずり込まれる様子が描かれている。

 病院でのAI診断から銀行でのAI融資。クルマの自動運転などAIが至る所に進出するが、では、AIの出した結果の責任はいったい誰が取るのか? 根源的な疑問を物語は突きつける。

 AIは今ある仕事を奪っていくが、新しい仕事も作り出す。ただし、雇用の絶対数は減り「雇用収縮」が生じ、混乱が起きる。だからこそ、AIのイメージに短絡的に振り回されず、AIに出来ること出来ないことを客観的に見極めることが必要だ。そして、行動に結びつけられる人こそが、新しい働き方を手にでき、生き残る。

関連記事(外部サイト)