日米の「変人経営者」が挑む月旅行 不可能を可能にできるか

日米の「変人経営者」が挑む月旅行 不可能を可能にできるか

イーロン・マスク氏(左)と前澤友作氏(AFP=時事)

 起業家のイーロン・マスク氏率いる宇宙開発ベンチャー、スペースXが計画する月周回旅行の搭乗員として、日本のアパレル通販サイト「ZOZOTOWN」の前澤友作氏(42)と契約を結んだことを発表して世界中を驚かせた。もともと「人類の火星移住」という壮大すぎる夢を追っていたマスク氏だが、なぜ月旅行なのか。そして、なぜ前澤氏を選んだのか。『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』などの著書がある経営コンサルタントの竹内一正氏がレポートする。

 * * *
 これまで月の周回軌道に乗った人はアポロ8号、10号などで計24人いた。そのうち、月面に降り立った人は12人。すべてアポロ計画で、民間人はいない。

 今回スペース X が発表した月旅行は、月面着陸ではなくあくまでも周回だが、2023年、民間人として初めて月の周回に旅立つのは日本人となった。その月旅行に使用するのは現在建設中で全長118メートルの巨大ロケットBFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)だ。

 BFRは人類を火星に移住さるために計画されたロケットで一段目ロケットと宇宙船からなり、液体メタンを燃料として、新型「ラプター・エンジン」を31基搭載する。一方、宇宙船は全長55メートル、最大100人の宇宙飛行士が搭乗できる設計だ。

 今年の2月にスペースXは従来のファルコン9ロケットの3倍の推進力を持つファルコン・ヘビーの打ち上げに成功して世界に衝撃を与えた。月旅行はこのファルコン・ヘビーで行うことを当初は計画していたが、マスク氏は「BFRの研究を進めた結果、BFRのほうが月旅行を早く実現できると方向転換した。

◆ZOZOTOWNの強さの秘密

 ところで、前澤友作とはどんな人物なのだろうか?

 人気ブランドを数多く取り揃えるファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの社長。同社は創業からわずか10年で時価総額1兆円にまで成長し、年間の購入者数は700万人を超えた。

 スタートトゥデイの連結売上は約984億円で営業利益は約327憶円。アパレルのネット通販では異例と言える高い利益率は注目すべき点であり、それは高度な物流機能に支えられている。

 楽天などは商品の発送は各店舗が行うことになっているが、小規模の企業が保管、梱包、発送を行うのは負担が大きい。一方、ZOZOTOWNは、各店舗の商品を自社の施設で預かり、写真撮影、梱包、発送までを代行することで競合他社より高い受託手数料を得ることに成功している。

 いまや総資産約3300億円といわれる前澤氏。吉本のお笑い芸人、間寛平の若き日を彷彿させる容貌と言ったら怒られるかもしれないが、彼の認知度は年代によって大きく違う。ZOZOTOWNの顧客の平均年齢は約33才で、約7割が女性ということからも、20~30代の女性には馴染みがあっても、50代以上の男性にはピンとこない経営者かもしれない。

◆変わった経営者

 千葉県の海浜幕張駅に近いスタートトゥデイ本社ビルに入ると、いたるところで現代アートが目に入る。前澤氏は国際的な現代アート・コレクターとしても有名で、サザビーズのオークションでは、ジャン=ミシェル・バスキアの絵画を1億1000万ドル(約123億円)で落札し、大きな話題となった。私生活では女優・剛力彩芽との交際でも世間を騒がせている。

 イーロン・マスクも常識破りの変わった経営者だが、前澤氏も変わっていて、それは若い時からだったようだ。

 千葉県鎌ケ谷に生まれ、早稲田実業学校の高等部に入ったものの2年生になると欠席が増え、代わりにバンド活動に熱中していく。練習のためのスタジオ使用料は建築現場などのアルバイトで稼ぎ、新宿のライブハウスで演奏する──そんな高校生活を続けた。

 高校卒業後は大学には行かず、バンドのドラマーとしてメジャーデビューもしている。その頃、海外のレコードやCDをカタログ販売するビジネスを自宅で始めるとこれが成功。バンド活動よりビジネスに情熱の軸足が移っていった。

 間もなくバンド活動は止め、独学で経営とインターネットを勉強し、カタログ通販からネット通販に進化。そのネット通販で彼が好きだったアパレルも扱うようになった。地道な営業活動でブランドに営業をかけ、ネット通販への参加店を増やしていく。これがZOZOTOWNの原点だ。

◆6時間働けばいい会社

 スタートトゥデイは前澤氏というワンマン社長の下で、イエスマン社員ばかりかと勘違いするかもしれない。

 だが、そうではない。前澤氏はチームプレーを重視する経営者で、「自分だけがよければいい」というのが大嫌いだ。スタートトゥデイは基本給とボーナスが従業員一律で、違うのは役職給だけという点にも表れている。

 働き方改革と長時間労働が昨今話題になるが、スタートトゥデイは残業ゼロどころか「6時間労働制」だ。短時間で最高のパフォーマンスを上げることを目指している。

 前澤氏が有名な米国の画家の絵画を約62億円で落札したとき、社内のアート好きの社員たちから「ぜひ、見たい」と声が上がった。すると年末に開催された社員総会で、会場にこの絵画を展示してお披露目し社員たちを喜ばせた。

◆マスク氏の破天荒ぶり

 ところで、前澤氏が月旅行契約に支払った金額は明らかにされていないが、1憶ドル(約112億円)とも噂されている。

 スペース X はこれまでマスク氏が私財を投げ打ってファルコンロケットの開発を行い、打ち上げに応じてNASAなどから資金提供を得てきた。

 マスク氏の経歴も簡単に振り返ってみたい。1995年にスタンフォード大学院を2日で辞め、インターネット会社Zip2を創業。その後、ペイパルの母体となる会社を興し、eBayに売却して約1億7000万ドル(約170憶円)を手にした。

 彼は学生時代から「人類の将来にとって最も影響を与えるものは何か」を考え、たどり着いた結論が「インターネット、持続可能なエネルギー、宇宙開発」だった。悪化する環境の地球に75億人も住めない。ならば火星に移住すべきだと考えたマスク氏は、eBayの売却で手にした資金でスペースXを創業。次に電気自動車メーカー「テスラ」、さらに、太陽光発電企業「ソーラーシティー」と起業していく。

 スペースX創業前には、ロシアから中古の大陸間弾道弾(ICBM)を買い付けようとする破天荒ぶりも見せつけた。

 現在、マスク氏の個人資産は約200億ドル(約2兆2400億円)。ただ、今回のBFRの開発には約50憶ドル(約5600憶円)が必要だと語っていて、前澤氏の契約金はその資金調達の一環でもあることは間違いない。

◆トランプ大統領の気まぐれ

 BFRはもともと人類を火星に移住させるためのロケットとしてスペースXの開発を進めてきた。しかし、トランプ大統領の登場がスペースXの計画に変更をもたらした。

 2017年2月、米国大統領に就任したてのトランプ氏は NASA に対して2021年以降に予定されている有人月旅行計画を前倒しして、自身の任期中(1期:2017年~2021年)に間に合わせることができないかと無茶なことを言い出した。自分の業績として、月への有人飛行を欲しがったわけだ。

 だが、NASAは数か月の検討の結果、コスト的に無理ですとトランプ大統領の要請をはねのけた。この様子をみていたマスク氏が、NASAができないなら、スペースXが月への有人飛行をやってやろうと乗り出したという経緯があったのだ。

◆待ち受ける困難の壁

 しかし、スペースXの2023年の月旅行計画には数々の壁が待ち受けている。

 まず、BFRはまだ開発中にすぎない。しかも、これまでファルコンロケットで使っていたケロシンを燃料とした「マーリン・エンジン」とは全く違い、液体メタンを使う「ラプター・エンジン」をゼロから完成させなくてはいけない。

 さらに、もっとも困難な壁は、これまでスペースXは国際宇宙ステーションに物資を運んだりしてきたが、有人飛行は一度もやったことがないという点だ。人を安全に宇宙空間に運ぶにはこれまでとはケタ違いの安全性が要求され、スペースXにとっては未知の挑戦となる。

 しかし、スペースXの挑戦はいつも常識の壁との戦いだった。

 創業当初は「ベンチャー企業に宇宙開発は無理だ」と言われた。小さなロケットエンジンを束ねて大きなひとつのロケットのように扱うファルコン9の設計思想は、「そんなものでは失敗する」と批判された。

 マスク氏が「ロケットでも、自動車やテレビのように量産することでコストは10分の1に安くできる」と発言すると冷笑され、「ロケットを再利用してコストを劇的に削減する」と言ったら、「出来っこない」とバカにされた。

 そもそも、「人類を火星に移住させる」というマスク氏の考えは何年もの間、世間から本気にされてこなかった。

 しかし、そんな「出来ない」の連呼をはねのけマスク氏率いるスペースXは偉業を成し遂げてきた。数々の失敗を乗り越えて一段目ロケットの再利用に成功し世界中を驚かせたのである。

 スペースXは、2017年に、これまでのロケット回収の失敗を集めた動画を公開したことも紹介しておこう。この動画からは、技術者たちがいかに失敗を恐れないか、その心意気さえ感じ取れる。

 グーグル創業者のラリー・ペイジはイーロン・マスクについてこう言っている。

「今、経営者も政治家も目先の小さなゴールにとらわれている。そんな時代こそ、マスクはもっとみんなから真似されるべきだ」

 とりわけ今の日本は、些細なことに目くじらを立てるくせに、大きな問題は知らん顔をしている。そんな風潮を吹き飛ばすような挑戦的なメッセージがスペース X のサイトに躍っていた。

〈スペース X は、人々が不可能だと思う任務を成し遂げる会社である。われわれの目指すゴールは無茶苦茶に野心的だ。だが、私たちはそれを実現する〉

 スペースXの月旅行の先には火星が待ち受けている。果たして、マスク氏は未来の先導者になることができるか、それとも“変人”で終わるのか。

関連記事(外部サイト)