車の衝突安全性能評価 死なない車、死なせない車を重要視

車の衝突安全性能評価 死なない車、死なせない車を重要視

1位に輝いたのは?

 交通事故の総数が年々減少傾向にある一方で、高齢ドライバーの事故割合は年々増えつつある。今年上半期(1~6月)の全国の交通事故死亡者数のうち、65歳以上の割合は過去最多の56.6%に上った。

 ドライバーの高齢化に伴い、車が持つ「安全性能」がますます重大な関心事となっているが、一般ユーザーが各車の安全性能の違いを比較することは難しい。しかし、その手がかりとなるデータがある。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が共同で行なう「衝突安全性能評価」である。NASVA自動車アセスメント部が説明する。

「各メーカーが自動車を販売するために行なう試験は、『法律で定められた保安基準をクリアしているかどうか』を調べるためのものです。

 それに対して『衝突安全性能評価』は、安全な自動車の普及・促進を図るために、国交省が監修しNASVAが実施する試験をもとに、安全性能を数値化して公開している。つまり、車種ごとの安全性比較が可能となります」

 NASVAの試験は、年間の新車販売台数上位の10数車種を対象にしている(同じ車種でも複数のグレードがある場合は、最も販売台数が多いものを採用)。

 採点は208点が満点で、内訳は「乗員保護性能」が100点、「歩行者保護性能」が100点、そして「シートベルト着用警報装置」が8点。

「安全性能評価は“事故によって命に関わるような被害、損傷になるかどうか”に重きを置いている」(同前)

 つまり、衝突時に“乗っている人が死ななくて済むか”“対人事故で死なせなくて済むか”が重要視されている。

「乗員保護性能」では、事故が発生した際に運転席、助手席、後部座席の乗員の安全性を測る。実際の車両を用いて「前面衝突」「側面衝突」「後面衝突」など4タイプの衝突試験が行なわれる。

「歩行者保護性能」試験では人の頭部や脚部を模したダミー人形を車のボンネットやバンパーに衝突させ、歩行者がどれほどの傷害を負うか推計する。

 それにシートベルトの着用警報装置評価を加えたものが、総合評価(衝突安全性能評価)となる。170点以上が「最も安全性が高いカテゴリー」とされ、五つ星(ファイブスター)が与えられる。

「各メーカーが販売前に実施する認証試験よりも、厳しい条件で試験を行ないます。例えば、認証試験の衝突速度は時速50kmですが、我々の試験では時速55kmで行なわれます。車の性能向上に合わせて検査項目は変わっています」(NASVA自動車アセスメント部)

 モータージャーナリストの島下泰久氏は、NASVAの衝突安全性能評価を高く評価する。

「第三者の立場で複数のメーカーの車種を同一基準で採点している唯一のデータであり、メーカーごとの安全性に対する取り組みの違いも読み取れるため、ドライバーにとって貴重な判断材料といえます」

※週刊ポスト2018年10月12・19日号

関連記事(外部サイト)