パラレルキャリアで猫本屋を開業した49歳会社員の「目標」

パラレルキャリアで猫本屋を開業した49歳会社員の「目標」

安村正也さんと『Cat's Meow Books』の猫店員たち

 会社員をしながら、本屋『Cat's Meow Books』(東京・三軒茶屋)を開いた安村正也さん。「Meow(ミャウ)」とは日本語で言う「ニャー」で、つまり猫の声。ここは猫をテーマにした様々な本が並び、猫が店員として常駐し、そして生ビールを飲んでくつろげる、異色の本屋だ。本屋開業までの道のりを追った『夢の猫本屋ができるまで』(井上理津子著、安村正也協力、ホーム社)が出版され話題を呼んでいる。

 安村さんが本屋を始めるきっかけは、50歳が見えてきた頃から「もやもや」するようになったことだという。人生100年時代、一つの仕事、一つの会社だけで、人生を満足に終える人は減っていくだろう。未経験から本屋を始めた安村さんに、この出版不況の時代に本屋を開いた理想と現実、そして、パラレルキャリアを成功させるヒントについて伺った。

 * * *

■本屋で儲けようと思っていません──素人・パラレルキャリアだからできること

──安村さんは49歳で、「会社員」と「本屋店主」というパラレルキャリアを始められました。「副業」ではなく「パラレルキャリア」という言葉を使われているわけですが、元はP・F・ドラッカーが紹介した言葉で、「もうひとつの世界を持つこと」。ただし、よく似た概念の「副業」と違うのは、必ずしも「報酬を得ることを目的にしていない」点です。

安村:パラレルキャリアは、両方の仕事が経済的・精神的な意味を含めて互いに補完しあっていて、主従の関係がないんです。昨年『Cat's Meow Books』をオープンしましたが、僕は平日は会社員として働き、土日に店舗に立っています。イベントがあるときは、平日の夜にイベントもします。この会社員と本屋の、どちらが主で、どちらが従という気持ちはないんですね。極端に言えば、僕の場合は本屋で儲けようとは思っておらず、精神的な満足を得たい、承認欲求を満たされたいという思いでやっています。収支に関しては、会社員と本屋業を合せて、回っていればいいわけですから。

 もちろん、本屋の売り上げの一部を保護猫(※)団体に寄付していますから、売り上げを増やしていきたいとは思っています。が、それ以上に、本屋を続けることが目標です。

 でも、こういう話をすると、プロの書店員さんや業界に詳しい方から、甘いと忠告をいただいたり、青臭いとか、痛々しいとさえ言われる(笑)。今思えば、何も知らない素人のパラレルキャリアだからこそ、できたことかもしれません。

──素人だからできることって、たぶん、どの業界にもありますよね。ただ、出版業界は長年厳しい状況にあるので、厳しい忠告もわかりますが。

安村:僕の考えでは、食べていける本屋を作ろうとするから、今の世の中、しんどいんじゃないかと思うんですね。反対に言えば、その点を後回しにしているからこそ、僕のような素人でも、本屋を開き、今のところ続いている。そもそもお客さんにとってみれば、本屋が儲かっているか、いないかは、あまり関係ないですよね。たとえ小さくても街に本屋があったほうがいいし、その一端を僕が担えれば、という気持ちでやっています。

■「本×猫×ビール」で生まれた、どこにもない空間

──ここまでのお話で、安村さんの本屋が赤字のような印象を持たれた方がいらっしゃるかもしれませんが、『夢の猫本屋ができるまで』によると、ちゃんと儲かっています(例:2018年3月の営業損益は約28万円)。また、開業資金をクラウドファンディングで集めるなど、安村さんは、ソーシャルビジネスに長けてもいる。そのあたりは収支が細かく記載されている本を参照いただくとして、では、なぜ「猫本屋」だったのでしょうか。

安村:50歳が近づいてきて、このまま老後を迎えるのだろうかともやもやし始めたんです。僕は今の会社に14年いるのですが、その前は、新卒で会社員になった後、何回も転職をしています。飽きっぽいんですよ。そんな僕が14年も同じ会社にいるのは、マーケティングの仕事が合っているとか、環境がいいとか、内勤でスーツを着なくていいとか、理由は色々あるのですが、年齢的に、容易に動けなくなってきたというのもありました。

 では会社は変えず、自営で新しいことが何かできないか考えたときに、「小売業」しか浮かばなくて、自分が売れるものといったら「本」しか浮かばなかった。本はずっと好きだったから、本のことならある程度わかるという自負があったんです。

──「本」ありき、だったんですね。そこに「猫」と「ビール」が加わったのは?

安村:本屋をやりたいと考えるようになってから、本屋開業のための講座をいくつか受講しました。その中の一つ、内沼晋太郎さん(ブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター)が主宰されている講座で、今の時代は「本×〇〇」が必要という話を聞いて、なるほどと。そこから、本と掛け合わせる「〇〇」を考え始めて、これについては色々な選択肢が浮かんだんですが、最後に残ったのが、猫とビールでした。

 猫は、うちで15年飼っていたのが保護猫だったことが大きいですね。今、『Cat's Meow Books』には猫店員が5匹いますが、みな、保護猫です。それからビールは、単に僕がいつもビールを飲んでいるから。本と猫に囲まれてビールを飲んで過ごしたい……結局、自分が余生を過ごしたい空間を作ったということですね。

■小商いは「2人制」がオススメです

──本屋を始め、精神的に満たされているというお話でした。一方、平日も週末も働かれているわけで、自由な時間がなくなっている点についての時間的負担は感じませんか?

安村:本屋を始めるにあたって不安だったのは、インプットの機会が減ることでした。仰るように、遊びに行くような自由な時間が減るからですね。しかし、杞憂でした。僕はここに居れば、お客さんが来てくださり、何らかのコミュニケーションが生まれる。猫好きの方って話好きの方が多いんですよ。それからこうやって取材を受けて、予期せぬ方とつながったりもする。場所があると、居ながらにしてインプットができると知って、これは凄いことだなと。本屋に限らず、店を構えている人はみんなそうなんだと思いますね。

──体力的な負担はいかがですか?

安村:今のところ負担は感じていません。むしろ、もやもやしていた頃に比べてぐっすり眠れるようになりました。平日、店に立っている妻とは、交代で休みを取るようにしています。

──奥さまとは公私共に良きパートナーですね。

安村:本屋に限らず小商いをやるなら、夫婦でなくてもいいのですが、信頼できるパートナーがいるかどうかによって、活動の幅が大きく変わってくると思います。一人でもできると思いますが、一人でできることは限られているので。僕も最初は一人で本屋をやるつもりだったので、土日だけ物件を借りようかと考えていました。妻が一緒にやると言い出してくれたことで、毎日開いている本屋ができたわけで、感謝しかありません(笑)。それはともかく、僕のお勧めは「2人制」です。3人になると、1対2に分かれる可能性があるし、大人数のチーム制になると、事業規模は拡大できるでしょうが、どうしても意見の違う人が出てくると思うんです。

 そういうわけで何の負担も感じないほど今はとてもラクなのですが、慣れてくると飽きにつながるから、その点が一番心配ですね。お客さんに飽きられないように、また、僕自身が飽きないようにどう手を打つべきか、日々考えています。

■本気で思っていれば、背中を押してくれる人が絶対に現れる

──お客さんに飽きられないために、何が必要だとお考えですか?

安村:うちの本屋は住宅街にありますから、近所の方だけに来ていただくのでは成り立ちません。事業計画を立てた時からリピーターを増やすことを目標にしていました。そのためには、まずは棚に並べる本のラインナップを豊かにすること。猫をテーマにした本といっても、タイトルに猫が入っているようなわかりやすい猫本だけではなく、「えっ! この本に猫が出てくるんだ」と、お客さんが思わず手にとってしまうような本を置きたいと一生懸命探しています。

──安村さんは接客業も未経験で本屋を始めたわけですが、お客さんとの付き合い方については慣れましたか?

安村:来てくださる方の多くは猫好きで、店員の猫たちにも優しく、猫本を買うなら『Cat's Meow Books』でと言ってくださる方もいるのでありがたいですね。ただ中には、本には目もくれず、猫と遊んで写真を撮って帰って行かれる方がいる。そういう方にどう接していいか、戸惑うところはあります。とはいえ、その方がうちを友達に話してくださって、その友達が来て、本を買ってくださることもあるんですよね……。そういう意味では、必ずしも本を買ってくださらなくてもいいので、来てくださる方を増やしたいです。

──開業して1年ですが、次の目標は何でしょうか?

安村:先ほども述べたように、外(お客さん)から見ると続いているのが一番で、中(僕自身)から見ると、飽きずに続いているのが一番だと考えています。そのために、今、3段階を考えています。まず、開業してこの1、2年は、『Cat's Meow Books』という「場所」の認知度を高め、リピーターを増やす。その次は、安村正也という「人間」がもう少し外に出て行って、安村への興味を高める。そして3つ目の段階は、まだはっきり見えていませんが、場所や人間を超える、何かが必要だろうと。独自の「情報」なり「知識」でしょうか。

 その何かを提供できるようになったとき、もしかしたら、『Cat's Meow Books』だけで食べていけるのではないかと思っています。恐らく、その頃は定年していますが(笑)。

──安村さんには、いくつからでも、新しいことを始められると教えられます。

安村:本のイベントなどをすると、かつての僕のように、もやもやしている方が多いことに気付きます。一つの仕事で100%満たされれば、それはそれで素晴らしいことですが、そうでない人には、立ち位置を複数持つことをお勧めしますね。

 僕の場合、本屋をやりたいというぼんやりした願望が、現実として動き出したのは、内沼さんのセミナーに行ってからでした。本気で思っていれば、背中を押してくれる人がどこかのタイミングで絶対に現れるんですね。ですから何かやりたいことがある方は、思い続けること、言い続けることが、実現の第一歩だと思います。

■安村正也さんオススメ! 2018年・秋の夜長に読むべき猫本!
『デズモンド・モリスの猫の美術史』(デズモンド・モリス著、柏倉美穂訳、エクスナレッジ)
オススメポイント★「猫が出てくる絵画を紹介している本はたくさんあるのですが、この本が出色なのは、猫の絵を通じて美術史までも教えてくれるところ。読み物としても、鑑賞用としても素晴らしい、芸術の秋にオススメの猫本です」

『名画のなかの猫』(アンガス・ハイランド+キャロライン・ロバーツ著、喜多直子訳、エクスナレッジ)
オススメポイント★「キュレーションがしっかりしている猫本。コラムニストの山崎まどかさんが、うちで買った1冊として雑誌で挙げてくださっていました」

■安村正也(やすむら・まさや)/1968年大阪府生まれ岡山県育ち。『Cat's Meow Books』店主。本を紹介するゲーム「ビブリオバトル」の世界ではレジェンド的存在。

■撮影/疋田千里

※保護猫とは?
動物愛護センターや動物病院、ボランティア団体などで保護された猫。迷子になった猫や、さまざまな事情から飼い主が飼育できなくなった猫が持ち込まれる。

関連記事(外部サイト)