オワコン化したパリモーターショー、参加したら楽しかった

オワコン化したパリモーターショー、参加したら楽しかった

地元メーカーのプジョー・シトロエンブースこそ盛況だったが…

 2年に1度開催される自動車の祭典、「東京モーターショー」──。早くも次回2019年の日程や概要が発表されたばかりだが、近年のモーターショーは世界の主要メーカーが相次いで不参加を表明するなど盛り上がりに欠け、“オワコン”とも囁かれている。そうした状況は他国で開かれるモーターショーでも同じようだ。現在行われているパリモーターショーを現地で取材したモータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

 * * *
 10月4日、今年で120周年を迎えるフランス・パリのモーターショーが開幕しました(10月14日まで)。正式名は「MONDIAL PARIS MOTOR SHOW」です。

 ところが、参加する自動車メーカーの顔ぶれは驚きのものでした。なんと、フォルクスワーゲンが欠席。もちろんアメリカ・ブランドもボルボもいません。BMWとアウディは、本家ドイツではなく、フランスの現地法人からの出展。ドイツ勢で本国のCEOがやってきてプレスカンファレンス(記者発表会)をしたのは、メルセデスベンツのみという有り様でした。

 日系では、日産自動車、三菱自動車、スバル、マツダが欠席。ホンダは出展しているものの、サイズはミニマム。アキュラとインフィニティの海外向け高級車ブランドは、主催者展示スペースに2台ずつぽつんとあるだけ。さらに、出展してはいるものの、プジョー/DS、トヨタ/レクサス、スズキはプレスカンファレンスも行いませんでした。

 また、注目すべき世界初披露となる新型車は、日系でいえば、トヨタの「カローラ・ツーリングスポーツ」(日本名「カローラ・スポーツ」のステーションワゴン版)のみ。なんとも寂しい内容となったのです。

 ちなみに欧州車では、メルセデスベンツが新型「Bクラス」と「GLE」、BMWが新型「3シリーズ」と「Z4ロードスター」「8シリーズ」、アウディが新型「Q3」を世界初披露。フランス勢はプジョーがコンセプトカー「e-Legendコンセプト」と新型「508SW」、DSが新型「DS3クロスバック」、ルノーが「EZ-ULTIMO コンセプト」を発表。少ないながらも重要なモデルもあり、まったくの新型車なしという状況は回避されました。

 しかし、驚いたのは事実です。どこかの小国のモーターショーではなく、120年の歴史を誇るパリのモーターショーで、このような異変が起きてしまったのです。正直、これはもう、モーターショーという存在自体が問われる時期に来ているのかもしれません。

 これまでパリをはじめ、フランクフルト、デトロイト、東京、ジュネーブの5都市のモーターショーは「世界5大モーターショー」と呼ばれ、別格の存在でした。開催国だけでなく、世界が注目するインターナショナルなモーターショーだったのです。

 ところが、インターネットの普及や、中国ほか新興市場の拡大などによって、徐々に5大モーターショーの存在感は薄れてきました。実のところ、デトロイトや東京のモーターショーは、すでに今回のパリのように外国ブランドの出展が激減していました。それにパリも続いたということでしょう。

 振り返ってみれば、昨年のドイツ・フランクフルトのモーターショーには、プジョーと日産、ボルボの姿がありませんでした。ドイツ車によるドイツのためのショーとなっていたのです。

 また、世界最大の規模となった北京・上海のモーターショーは、もともと国内向けの色合いが濃厚なもの。そう考えてみれば、世界中ブランドが一堂に介して、世界に発信するというインターナショナルなモーターショーの時代は、もうすでに終わってしまったのかもしれません。

 そんなパリのモーターショーですが、「それではつまらなかったの?」というと、そんなこともありませんでした。意外と面白かったのです。

 確かに、新型車の記事を求めていくと肩すかしを食ってしまいますが、世界初披露ではなくても、パリ初披露というクルマは数多く目にすることができました。また、主催者展示で数多くのクラシックカーが展示してあり、それだけでも十分に楽しめるほどのものでした。

 さらに、オートバイや最新技術展などもあわせて開催することで、最新の量産モデルから、次世代技術、オートバイまでを一度に楽しめます。一人のクルマ好きの来場者であれば、満足度は高いはず。

“世界へ向けて発信!”と無理をしなくても、現地の人を喜ばせる。これからのモーターショーは、そうしたローカルショーの基本に立ち返るものになるのではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)