低コストだけじゃないビジネスホテル 食事や建物で差別化も

低コストだけじゃないビジネスホテル 食事や建物で差別化も

コンテナ型モジュールのリゾートホテル(COFF一宮)

 ビジネスホテルといえば「宿泊特化型ホテル」ともいわれるように、シンプルな部屋でサービスは二の次といったホテルをイメージしがちだが、最近は特徴的なサービスのみならず、アイデアを凝らした建物の造りで集客力を上げる施設も出てきた。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、そんな進化形ビジネスホテルを紹介する。

 * * *
 ホテルというとフルサービスであり、宿泊の他に料飲、バンケット、ウエディングなど多彩なサービスを提供する施設が一般的だが、その一方、ビジネスホテルは法令上の要請もあり朝食スペースなど設けられてはいるものの、フロントサービスを中心とした宿泊機能の提供というリミテッドサービスが特徴だ。

 だが、ビジネスホテルは近年最も勢いのあるカテゴリーゆえにサービス競争も激化し、差別化が進んできた分野ともいえる。その結果、本来のローコストタイプから高級ホテルを彷彿とさせるようなハイクラスタイプの施設も増えている。

 ビジネスホテルの特徴的なサービスとして想起されるのが朝食だ。いまや常識になりつつある無料朝食サービスはその最たるものだろう。

 無料とはいえ宿泊料金に転嫁されているわけだが、やはり無料という言葉には惹かれる。当初はパンとコーヒーといった簡易なものであったが、いまやブッフェスタイルの採用が多く、パンやコーヒーはもちろんのこと、ご飯や味噌汁、焼き物に揚げ物、デザートからドリンクバーまで無料提供するホテルは多い。

 朝食ばかりではない、夕食無料サービスのホテルもある。東海地方を中心に展開する「ABホテル」では、一部店舗で夕食サービスを提供している。丼ものや定食など豪華というわけではないが、温かい夕食は嬉しい。また日替わりで提供されるので連泊のゲストにも好評だ。

 夜食を無料提供するホテルもある。「ホテルインターゲート(京都・四条新町/東京・京橋)」では、21時~23時の間にお茶漬けの無料サービスを実施している。

 ビジネスホテルの夜食で有名なのは、「ドーミーイン」の“夜鳴きそば”。いまやドーミーインの名物ともいえる無料サービスだ。シンプルなラーメンであるが、小腹の空いた時、飲んだ後の〆に好評を博している。

 さらにドーミーインといえば、充実設備の天然温泉浴場を設けることで知られる。昨今、ビジネスホテルに温泉や大浴場は多く見られるようになったが、全国チェーンにしてここまで徹底しているのには驚きだ。

 ドーミーインではサービスばかりでなく形態の多様化も進行中。「御宿 野乃(おやどのの)」は、ビジネスホテルの快適性と和風旅館の雰囲気を併せ持つハイブリッド的施設で、増加する訪日外国人旅行者にも人気を博することだろう。もちろん、前述した天然温泉、夜鳴きそばの無料サービスもある紛れもないドーミーインブランドだ。

 大規模チェーンでなくても、細やかなサービスが人気の独立系や小規模チェーンは増えている。

 例えば、最近ホテルの客室へ導入が増えてきている“LG styler”。クローゼット型のホームクリーニング機で、衣類のシワやニオイを取ってくれるビジネスパーソンには嬉しい優れモノだ。筆者の記憶では、九州で人気の「ホテルフォルツァ」で初めて見かけたが、その後、ロボットが接客することで有名な「変なホテル」、はたまたレジャーホテル(ラブホテル)まで導入は広がりをみせている。

 もっとも、こうしたサービスは、何百店も展開する全国チェーンでは困難であろう。ホテルブランドには同一クオリティ、均一性が求められる。無料夕食やホームクリーニング機は、小規模チェーンや独立系のホテルだからこそ可能なサービスといえる。

 サービスばかりではない。ハードにもビジネスホテルの差別化が見られるようになってきた。

 そもそもビジネスホテルは“ローコスト”運営が基本。それは、ゲストからすれば宿泊料金であり、所有者からすれば建築物にも当てはまるかもしれない。そんな常識をアイデアで突きつめたホテルがある。コンテナ型モジュール建築を採用した「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」(栃木県佐野市)だ。

 コンテナ型モジュールだけに、現地での素早い組み上げによる大幅な短工期化を実現。移設や再利用も容易だ。一般的なビジネスホテルと比較して建設費はかなりローコストな分、設備やサービスへの充実が図れるという。

 同ホテルはコンテナ型モジュールを活かしたリゾートホテルも九十九里浜に面した千葉・一宮町に誕生させている。こちらは全室ジャグジー付きのスイートタイプで、1泊2万円台で宿泊できる。

 ビジネスホテルは使い勝手の良さが特性であり、機能性や利便性の高さが追求されてきたカテゴリーであるが、その一方で、高付加価値の提供という新たなフェーズに突入している。本来のローコストスタイルを踏襲しつつも、ゲストサービスの多様化、差別化をどう実現させていくか。今後も進化は続いていくだろう。

関連記事(外部サイト)