「ル・コルビュジェ展」を支える新聞社女性社員の奮闘

「ル・コルビュジェ展」を支える新聞社女性社員の奮闘

展覧会開催に新聞社の女性社員がどう関わっているのか(森優美子さん=左と大島万貴子さん)

 男女雇用機会均等法の施行から33年、大学生の就職活動もいよいよ開始するが、日本は男女格差が激しいという調査結果もある。昨年12月18日に「世界経済フォーラム」が発表した「男女格差報告」では、日本は調査対象の149か国中110位で、G20の中では中国(103位)、インド(110位)よりも下の最下位だった。

 いまだに日本社会は男性優位の社会とされ、「女性活躍推進」や「すべての女性が輝く社会づくり」といったスローガンを政府が掲げざるを得ない状況にあるが「いえいえ、女性がむしろ向いているかもしれない職場がありますよ」と語る2人の女性を取材した。

 その舞台は意外にも新聞社。新聞社は男性記者による“夜討ち朝駆け”などに加え、記者クラブも男性だらけだと思っている人もいるだろう。今回話を聞いた中日新聞東京本社(東京新聞を発行)事業局文化事業部・部次長の森優美子氏(1996年入社)と、大島万貴子氏(2015年入社)が所属する部署の社員数は6:5で女性の方が多い(54.5%)。中日新聞全体の男性社員は2243人で、女性社員数は680人(2018年12月1日現在)であり、女性比率は24.1%だ。

 現在2人はもう一人の女性社員と3人のチームを組み、5月19日まで国立西洋美術館で開催されている『ル・コルビュジェ 絵画から建築へ──ピュリスムの時代』展に携わっている。

 新聞社の採用といえば、新入社員は必ず支局に配属され、そこで数年間地元密着型の取材をしたうえで別の場所へ行き、その後東京か大阪の本社に戻り専門性を高める、といったルートがよく知られている。だが、森氏は「それは記者志望のケースです。他の新聞社もそうだと思いますが、弊社は『編集職』『ビジネス職』に分かれています」と語る。

 中日新聞の場合「編集職」は編集局に配属され、政治、経済、外報、社会、地方支局などの取材部門と、整理と校閲が中心の内勤部門に分かれる。「ビジネス職」は新聞流通を担う販売局、広告主と読者を結ぶ紙面を提案する広告局、新聞社のイメージアップ、地域社会への社会貢献を果たす事業局などの部署に配属されるそうだ。

◆なぜ美術館に入らず新聞社に入ったのか?

「新聞社の目線で考えた場合、“紙離れ”、“媒体離れ”が進んでいる中、我々文化事業部は新聞社でありながら、発行する新聞記事に頼らないフィールドを担います。具体的には、展覧会という形で東京新聞そのものをアピールしたり、考え方を表現することができます。展覧会に興味持った人々に我々が持つジャーナリズムに興味を持ってもらいたいと考えています。

 私自身、新聞社に入りたかったというよりは、学生の頃から展覧会という表現方法に興味がありました。学術的に美術を研究したりするのではなく、人に何かを発信し、共有できる場としての展覧会の魅力に惹かれて今の仕事に就いています。ですから私は記者の経験はありません。もしかしたら、美術系の仕事をするには学芸員にならなくてはいけないのか、と思う学生さんもいるかもしれませんがそんなことはありません。美術館だけが展覧会をやるのではなく、その展覧会をいかに社会的なものに位置づけるか、というのは私達のようなメディアの共催者がリードできますし、美術に深くかかわることができます」(森氏)

 そして、大島氏はこの仕事を選んだ理由をこう語る。

「私自身、生まれも育ちも名古屋でしたので、“地元への貢献”ということが就職活動の軸でした。子供のころから両親に連れられて美術展などによく足を運んでいましたし、生活に役立つ情報を与えてくれる新聞以外にも、新聞社が行うイベントや展覧会はとても身近な存在でした。様々な形で、地元とそこで暮らす人と関わっていけるところに魅力を感じて新聞社の事業局を志望しました。私はビジネス職採用のため、4月に入社し販売店研修などをうけ、6月に事業局へ配属されました。その後の研修は編集職の同期とは異なる内容でしたが、事業局に所属していても、編集や広告、販売など他局の協力を仰ぎながら一丸となって、事業の成功を目指しています」

◆新聞社の美術展へのかかわり方、1プロジェクトに5年

 森氏は20年近く文化事業部で展覧会に携わっているという。2010年に東京新聞が「ゴッホ展」を開催した際に、展覧会ができるまでの流れを紙面で紹介した新聞記事をもとに解説してくれた。

「展覧会が実現するまでには、長い時間が必要です。最初のアイディアが生まれ、パートナーである美術館や共催者とコンセプトを共有し、開催時期や場所が決まるのは、開催3~5年前のことです。そこから展覧会の構成を固め、出品作品の交渉に最低でも2年はかかります。その間に展覧会をサポートして下さる協賛社や協力者を見つけなくてはなりません。そして1年前には告知活動や具体的な準備をスタートするのですが、そこからは怒涛の1年です。

 大事な作品を貸し出して下さる所蔵家、作家、ご遺族・著作権継承者との調整・協議はもちろんのこと、広報物の作成に携わるデザイナー、コピーライター、印刷会社の方、図録制作に携わる執筆者、翻訳者、編集者の方、作品の安全な輸送に携わる航空会社、輸送会社、保険会社の方、会場設営に携わる空間デザイナー、照明デザイナー、施工会社の方、告知活動に携わるPR会社、広告代理店の方等々、実に多くの人と長期間にわたって協働します」

 こうした長期にわたる準備工程があるのだが、こうした仕事に女性が向いていると森氏と大島氏は語る。

「美術業界は、非常に女性が働きやすい職場です。私も含め、在京各紙、テレビ局の文化事業部では女性が多く活躍しています。1986年に男女機会雇用均等法が施行され、弊社でも事業局初の女性総合職が1989年に誕生しましたが、その方は現在、名古屋本社の文化事業部長をつとめていますし、部次長も同じく女性です。東京でも現在の部長は男性ですが、女性部長・女性部次長というツートップ体制だった時期があります」(森氏)

 今回のル・コルビュジエ展にも多く女性が係わっている。東京新聞の3人の担当者に加え、国立西洋美術館の馬渕明子館長、日本側修復家の岩井希久子氏、スイスやフランスなどの美術館からクーリエとして派遣された学芸関係者、開会式のため来日したル・コルビュジエ財団のブリジット・ブーヴィエ事務局長も女性だ。

◆女性は“渦”を作るのが上手

「時には作品の輸入や輸出、作品展示の立ち合い作業などで、体力や気力が求められる現場であっても、今では多くの女性が普通に担っています」(大島氏)

 かくして開幕した同展だが、大島氏は見どころについてこう語る。

「もちろんル・コルビュジェが好きな方にもご覧いただきたいですが、馴染みがない方にも見てもらいたいです。世界遺産でもある国立西洋美術館の本館は、ル・コルビュジエが設計した建物。その建物の中で、彼自身の作品を見ることができるのはとても珍しいことです。彼はインドにも2つの美術館を建てましたが、今回のように28か国、40か所から作品が集う規模の展覧会をル・コルビュジエ建築の中で紹介するのは史上初の試みです」

 森氏は「国立西洋美術館は『層と層が重なり合って見える設計』になっています。コルビュジェは建築でこれを実現しましたが、絵画でも『層と層が重なる』構図で描いています。今回の展覧会ではそうした2Dの絵画を見ながら、3Dで西洋美術館の設計も見てコルビュジェの世界を堪能していただければ、と思います」と語った。

 この仕事が女性向けである点について、森氏は以下のように語った。

「とある医大が、女性はコミュニケーション能力が高いから落とす、と言ったことが昨年話題になりました。我々の仕事はコミュニケーションの仕事です。自分が持っているアイディアを形にするまでに、多くの人を巻き込まなくてはなりません。最初は一人です。そこから始まり、『それいいよね、やりたいよね』という美術館のパートナーを見つけ、『そういう展覧会だったら協力するよ』という人を見つけなくてはならない。

 こうして多くの人々が集まる“渦”を作るのに、最初は大変な力が必要です。しかし、この渦が生まれ、物事がまわり始めると、周りがうまく巻き込まれていくようになる。そうなると展覧会も成功します。展覧会って、そういう力、人の力で成り立つもの。そのコミュニケーション能力が十分に生かせますし、女性ならではの繊細なこだわりは、この仕事には向いていると思います」

「女性活躍」はまだまだデータ上は日本はかなり「下」となっているが、このような仕事環境もあることを学生は知っておいた方がいいかもしれない。

■国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ──ピュリスムの時代
開催期間:2019年2月19日~5月19日
休館日:月曜(ただし3月25日、4月29日、5月6日は開館)、5月7日休。
場所:国立西洋美術館 本館
開館時間:9時30分~17時30分(金曜、土曜は20時まで)

関連記事(外部サイト)