大和ハウス社長、32歳で入社して社長にまで上り詰めた

大和ハウス社長、32歳で入社して社長にまで上り詰めた

大和ハウスの芳井敬一社長(撮影/山崎力夫)

 戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業・物流施設、ホテル運営など経営の多角化を進める大和ハウス工業。2018年4~12月期の連結決算は、純利益1843億円と7年連続で過去最高となった。業態を広げるなか、重視するものとは何か。芳井敬一社長に訊いた。

──平成元年(1989年)は何をしていましたか?

芳井:時代が昭和から平成に代わったとき、私は病院のベッドの上でした。その前年の1988年夏、車の運転中に追突されてしまい、椎間板を折る大けがをしてしまったんです。

 年末に手術して、1989年1月はまだ入院中。寝たきり状態で、本当に元通り歩けるようになるのかと、天井を見上げながら不安な日々を過ごしていました。

 私は大学卒業後、ラグビーで神戸製鋼グループに入りました。3年ほどで引退し、その後はグループ会社で働いていた。交通事故は、念願だった海外赴任が決まった頃のことでした。

 入院が長引き、海外赴任の夢も絶たれる中、「もう一度生き方をリセットしたい」と思うようになりました。そして退院後、1990年6月に大和ハウス工業に転職します。32歳のことでした。ですから、平成の30年はほぼそのまま、私の大和ハウスでの社歴でもあります。

──32歳で入社して社長にまで上り詰めるのは並大抵のことではありません。

芳井:この会社から教えられたのは「公平であることの大切さ」です。私は中途採用でしたが、会社は生え抜き社員と同じようにチャンスをくれた。中途採用も出身大学もハンデにならない。大和ハウスにこれからどう貢献してくれるか、その1点で評価してくれました。

 私も社長という立場になって、人事部、あるいは各支店長にこう言っています。「人事考課や業績査定は1年でリセットやで。新年度からは真っさらでフラットに見ろよ」と。一度コケても、またチャレンジできる、その社風が大和ハウスの強みだと思っています。

【PROFILE】よしい・けいいち/1958年、大阪府生まれ。中央大学文学部卒業。神戸製鋼のグループ企業を経て、1990年に大和ハウス工業入社。2011年に取締役上席執行役員、2016年に取締役専務執行役員。2017年11月より現職。

●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト):かわの・けいすけ/1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2019年3月15日号

関連記事(外部サイト)