無洗米開発者 「まだまだ実現しなくてはならぬ技術がある」

無洗米開発者 「まだまだ実現しなくてはならぬ技術がある」

普段は金芽米を食べているという東洋ライス社長の雜賀慶二さん

 お米に関する新発見や新アイディアを次々と提供するのが、東洋ライス代表取締役社長の雜賀慶二さんだ。たとえば、洗わずに炊ける「無洗米」を最初に発売したのも雑賀さんだ。また、今年7月には東洋ライスが発売した「世界最高米」が文字通りギネス世界記録「世界で最も高額なお米」に認定された。その値段は、なんと1kgで1万1304円だ。最近スーパーなどで5kgのお米は1700円ほどで売られているのでその価格の高さが分かるだろう。

 本来、お米は瑞々しさが命。新米ほど尊ばれる。また、精米したてほどおいしく、買う時は精米日を確認する人が多い。ところが、この常識も雑賀さんが覆してしまった。

 さかのぼること17年前。1999年12月、雜賀さんはその年に収穫した新米を、独自に開発した食味維持システム「エコ・グリーン・カプセル」に保管。それから4年が過ぎた2003年の暮れ、その年の新米コシヒカリと4年前に保管したお米の食べ比べを、食の専門家らを招いて公開で実施。同時に専門機関にて科学的な検査を行った。

 その結果は、なんと4年前の古米が圧倒的な勝利をおさめたのだった。この保管技術が、食味の劣化を防ぐだけではなく、保管中にお米をおいしくさせる効果を持っていたのだ。

 この技術を生かして、万が一の凶作や災害に備えられるのはいうまでもなく、よりおいしいお米の普及になる、と雜賀さんは闘志を燃やす。もちろん、日本のお米を世界にも紹介しやすい。

 また、現在は最新の精米技術によって開発、販売する金芽米が注目を浴びている。

「金芽米を開発していちばん恩恵を受けているのは私なんです。もともと病弱で、体力には自信がなかったんです。それがね、金芽米の高栄養のおかげでまるで病気知らずでいます」(雑賀さん、以下「」内同)

 雜賀さんの普段の食卓も気になるところ。連れ添って60年近くになる夫人は、中学校時代の友人の妹さんだ。

「結婚するまで好き嫌いがものすごくあったんですが、いつの間にかすっかりならされて今はなんでも食べますわ。でも、いちばん好きなのはマナやね」

──マナ?
「関西以外の人は、あんまり知らんかな。真菜いう小松菜みたいな野菜です。油揚げと炊いたご飯にみそ汁があれば充分。普段食べてるご飯は金芽米です」

──『世界最高米』ではないんですか。
「それはね、家内と今話しているところ。若々しく活躍するためには、食べるものにお金をかけるべきだね、って。『世界最高米』に変えると、月に4万~5万円はかかるけど、若々しく生きることを考えたら、決して高くないかもしれないねって。このお米はおいしさで注目されていますけど、おいしいというのは、お米自体に生命力があって、健康だということなんです。言葉を変えたら、精米加工する直前まで、元気ハツラツと生きていたお米なんです」

 生命力あふれるお米とは、確かにそれだけでおいしそうだ。

「私たち人間は、動物、植物どちらの命もいただいて生きていますが、おいしく食べることは彼らの元気をいただくことで、私の仕事は、元気なお米をどうやったら元気なまま食卓に届けられるかなんですね。無洗米も“エコ・グリーン”も必要に迫られて、何とかしたい、社会に貢献したいと、考えがおもむくまま開発し、自然に生きてきただけ」

 そして、最後に相変わらずひょうひょうとした声で言った。

「まだまだ私が考え、実現せないかん技術があると思うんです。こればかりは企業秘密で教えられないけど、現在も開発を手がけていることが2つ。そやから死ぬひまがないんです(笑い)」

※女性セブン2016年9月15日号

関連記事(外部サイト)