メザシの土光さんには現代日本人が生きるためのヒントあり

メザシの土光さんには現代日本人が生きるためのヒントあり

土光敏夫氏(写真:Fujifotos/アフロ)

 経営者として辣腕を振るい経団連会長、第二次臨時行政調査会長まで務めた土光敏夫氏は、一方で質素な生活を貫き、その生き方は「清貧」そのものだった。作家・歴史家の加来耕三氏は土光氏を“中興の祖”と評する。加来氏はさらに、その根底には「心学」の思想が流れているという。

 * * *
 かつて“メザシの土光”と呼ばれた伝説の経営者がいた。土光は、経営難に陥っていた石川島播磨重工業や東芝に請われて社長に就任し、死に体だった会社を甦らせた人物である。いまの若者が土光敏夫の思想を理解するのは難しいかもしれない。しかし、土光はこの閉塞した世の中を変えられる、最も良質な日本人らしい美質を育み、備えていた人物だったといえる。

 もともと設計技術者だった土光は、会社を大きな機械に見立てて設計図を描き、全体が円滑に動くよう再生させたと評されている。朝鮮特需やいざなぎ景気の到来など、幸運にも恵まれたが、運も実力の内である。その手腕を買われて、第二次臨時行政調査会の会長に就任し、国鉄の民営化など行革にも辣腕を振るった。

“メザシ”の由来は、NHKの取材で夫婦の食卓が映し出されたときに、メザシ(イワシ)や梅干しなど非常に質素なおかずが並んでいたためだ。

 収入の大半は母親が創設した学校の経営に消え、住まいも身なりも無頓着。海外出張でも単身で乗り込み、夜の宴会にも参加しない。

〈会社の仕事で「ムダ、ムリ、ムラを排除せよ」と合理化を要求している者が、自分の日常を律せられぬようでは説得力がない〉(『土光敏夫大事典』より)

 石川島播磨重工の時代に造船疑獄事件の関与が疑われたときも、捜査にあたった検察官は土光の質素な家を見て、「この人は違うな、と直感した」と記者団に語っている。

 土光の質素倹約の背景には、自身も公言している法華経の影響があったが、仕事に対する哲学については、幕府が財政難に陥っていた江戸時代中期の思想家、石田梅岩を開祖とする「心学」が根底にあるように見える。心学は、働いても働いても収入は増えず、貧しいままの時代に生まれた、「前向きに一生懸命働くことで、自分が磨かれ、幸せになる」という思想だ。

 土光は部下を、「100できる人には130の仕事を与えて乗り越えさせることで成長させる」という考え方で育て、「社員はこれまでより3倍頭を使え、重役は10倍働く、私はもっと働く」と発破をかけた。その証左に社員の誰よりも早く朝7時には出社し、「幹部はエラい人ではなく、ツラい人」と語る土光の求道者的な姿勢は終生変わることはなかった。

 労組との交渉でも一升瓶を持って労働者の輪に入っていった土光が、もしいまも生きていたら、心学を適用させた新たな働き方を生み出したのではないか。

【PROFILE】かく・こうぞう/1958年大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業。『歴史研究』編集委員、中小企業大学校講師、内外情勢調査会講師。著書多数。近著に『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)などがある。

※SAPIO2016年10月号

関連記事(外部サイト)