土光敏夫氏 清貧貫きつつタフさと思いやり持ち合わせていた

土光敏夫氏 清貧貫きつつタフさと思いやり持ち合わせていた

土光敏夫氏(写真:Fujifotos/アフロ)

 経営者として辣腕を振るい経団連会長、第二次臨時行政調査会長まで務めた土光敏夫氏は、一方で質素な生活を貫き、その生き方は「清貧」そのものだった。その思想は没後28年経っても色あせることはない。土光氏の哲学を、『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』の著書があるジャーナリストの出町譲氏が解説する。

 * * *
 今から5年前の2011年6月、横浜市にある土光敏夫の自宅が取り壊されると聞き、取材に赴いた。住宅地の中にある家は、とても東芝社長や経団連会長、第二臨調会長を勤め上げた男の家には見えなかった。

 敷地が30坪ほどのごく普通の簡素な一軒家。部屋の数は4つ程度で、約8畳の台所で妻とともにメザシを食べていた映像が1982年にNHKで放送され、彼を象徴する「メザシの土光」の異名がついた。

 行政改革を実現できたのも、「財界トップの土光さんがあれだけ慎ましく生活しているのだから」と国民の支持を得たことが大きかった。彼はこんな言葉を残している。

〈一月の生活費なんか、ちょっと前までは三万円くらいですんだ。庭で採れた野菜を食べて、背広とかクツとか、そんな物は破れるまで用いる。いくら立派な格好をしてたって、人間はしょせん中身で評価されるものでしょう。今はさすがに生活費もかかるようになったが、なに、それでもせいぜい月に一〇万円くらいのものですよ〉(『土光敏夫大事典』)

 土光が清貧な暮らしを続けた理由は、無駄を嫌った合理主義に加え、「自主・自立」の哲学によるものだろう。庭の木は自分で切り、家庭菜園で採れた野菜を食す。仕事でもそれは同じで、お茶汲みくらい自分でできると女性にさせることをよしとしなかった。また、地方への出張は始発の飛行機で向かい、最終便で帰宅。泊まりになると必ず催される接待の宴会を避けるためだ。経団連会長時代には、社長同士の夜の会合には顔を出さず、会議をしたいのならば朝すればいいと主張した。

 土光は創業者ではなく、いちサラリーマンだった人だ。その原動力となったのが、「野ネズミ」の精神だったのだろう(*注)。それを培ったのは計4回も受験に失敗したことかもしれない。彼は、努力を重ねて希望の学校に入った。石川島重工業(現IHI)に入社後は、国産のタービンを我が国の技術で作ろうと死にものぐるいで努力し、実現した。自分はサラブレットではないという自覚があったからこそ、「努力の人」であり続けた。

【*注「サラブレットはカッコいいが、僕はそれよりも野ネズミのほうが、より強いと思うわけです。(中略)野ネズミは踏まれても蹴られても、へこたれない生命力を持っている。人間だって、その本質に変わりはなく、いざとなれば野ネズミのしぶとさを持つ者が、サバイバル戦争に勝ち残る」(『土光敏夫大事典』)】

 そして土光が「自主・自立」と共に重んじたのが「共助」だ。

〈ボクはね、人間関係の基本は、思いやりだと言っとるんだ。(中略)助け合う。これは人間の、言ってみれば根本だよ〉(『土光敏夫 日本への直言』)

 土光は市場に競争が必要だとは言っていたが、一方で弱者への思いやりがある人だった。職場で「使えない」というレッテルを貼られた人がいれば「俺の部下にしたい」と言ったそうだ。 働くのは地位のためではない。自らは清貧を貫きつつ、競争を勝ち抜く野ネズミのタフさと弱者への思いやりを持ち合わせる。それが今の日本のリーダーに必要な素質ではないだろうか。

※SAPIO2016年10月号

関連記事(外部サイト)