ピンク映画の聖地 「上野オークラ劇場」再生物語

ピンク映画の聖地 「上野オークラ劇場」再生物語

大蔵映画の斎藤豪計氏(右)と鍋島宇宙氏

 かつては活動弁士(無声映画の解説者)や映画館主をして日本映画産業に貢献してきた大蔵貢氏が、1947年に設立したのが大蔵映画株式会社である。今も新作を撮り続ける唯一のピンク映画会社だ。

 大蔵映画の強みはなんといっても自ら新作を製作し、東京・上野の直営館「上野オークラ劇場」ほか国内の劇場に配給する興行基盤を築いたところにある。

 ピンク映画は1960~70年代に全盛期を迎えたが、1980年代半ばのビデオデッキ普及とAV急成長により長い低迷が始まる。さらに1990年代から現在に至るインターネットの隆盛で大打撃を受けた。

 そんななか、大蔵映画に新風を吹かせたのが、2000年に入社した斎藤豪計氏だ。氏は現在の劇場支配人で、入社以降、様々な改革を行なってきた。

「それまでピンク映画とは全く無縁の営業畑を歩いてきたのですが、当時いつも心に満たされないものを感じていて、最後の転職チャンスと思えた34歳を迎えた時、何かこう、心がほっこりするものを売りたいと(笑い)。そして知人の誘いを受けて大蔵映画に入社しました。

 最初は右も左もわからなかったけど、大改革が必要だと感じ、まず番組案内表を作りました。そして次に館内の暗いイメージを変えるべく内装を変えました。ブログやSNS発信も始め、女優や監督を呼んで舞台挨拶を頻繁に行ない、お客様との距離を縮めました。そして2010年に58年の歴史を誇る上野オークラ劇場を閉館して新館に建て替えるプロジェクトに携わりました」(斎藤氏)

 この大改革には劇場スタッフとして2005年に入社した鍋島宇宙氏による支えも大きい。10代の頃から昭和の古き良き映画“館”好きが高じて入社したという。

「歴史を感じる建物の温かみが大好きで、実は正直、旧館とのお別れは寂しい気持ちもありました。“昔、終電逃してオークラ劇場で夜明かししたよ”なんていう馴染みのお客様が離れるのではないかと不安でした。一方で新館建設は必ず新しいファン獲得を狙えるという思いもありました」(鍋島氏)

 斎藤氏にもこの葛藤はあったが、古参の客への対策も講じた。

「館内はバリアフリー設計の広いロビーで長時間滞在も快適ですし、聴覚障害者にはヘッドホンの貸し出しも行なっています。同時にシネコン並みに明るく清潔な内装でシートも高級にし、若い方や映画ファンの方にも気軽に入っていただけるようにしました。古き良き昭和の香りを残すためにカップ麺の自販機をあえて置いたり(笑い)」(斎藤氏)

 また、新館設計にはこんなこだわりもあるという。

「シネコンと唯一違うのは、床には絨毯を敷いていないということ。なぜなら、深夜は泥酔したお客様がいらっしゃって上から下から漏らされたり、興奮のあまり床に……といったケースもあり、すべて水で洗い流せる設計にして常に清潔に保っております」(斎藤氏)

 ピンク映画の新作を作る映画会社が大蔵映画1社のみとなってしまった今、斎藤支配人率いる上野オークラ劇場は映像部9人で心臓部を切り盛りしている。

 製作の進行はおもに映像部が管理し、12~13人のフリーの監督らへ依頼したり逆に企画を持ち込まれたりして、月3本、年間38本もの新作を作り上げている。斎藤氏や鍋島氏はどのように新作製作に携わっているのか。

「実は映画のタイトルは監督ではなく私たちが企画段階でつけています。みんなでタイトル案を持ち寄り、どれが良いかタイトル会議を開いて決めるのです」(鍋島氏)

 今後のピンク映画を盛り上げるべく斎藤支配人の野望は尽きない。

「日本のピンク映画の価値を世界的に売り出すべく国際映画祭への出品を狙っています。日本国内でも今夏、昨夏に続いて第2弾となるテアトル新宿での映画イベントも積極的に行ない大盛況でした。様々なお客様にピンク映画の多種多様な魅力を知ってもらう機会を作るべく、今後も攻めていきます」

撮影■下城英悟

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

関連記事(外部サイト)