ヤマト運輸に記者がバイトとして潜入 旗艦センターは半数近くが東南アジアの留学生か

記事まとめ

  • ヤマト運輸と佐川急便に記者がアルバイトとして潜入し、それを著書に記した
  • ヤマトで連日200個の宅急便を配り、佐川では2人で800個以上の荷物を手積みしたという
  • また、ヤマトの羽田クロノゲートでは、バイトの半数近くが外国人留学生だったらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております