消防士の防火服価格は20万円 1200℃の中40秒間耐えられる素材

記事まとめ

  • 明治30年創業、消防装備品を専門に扱う株式会社赤尾の石川修作氏に話を聞いた
  • 現場出動時に着用する防火服は、1200℃の中、40秒耐えられる素材を「帝人」と協同開発
  • 熱のこもる現場に向かう際は専用の保冷剤を内ポケットに仕込む構造になっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております