バブル崩壊後、リーマンショックまで社員寮が減少も福利厚生充実の材料に再び増加傾向

記事まとめ

  • 社員寮の歴史は古く明治時代までさかのぼり、その多くは戦争の空襲で焼失してしまった
  • 80年代にかけて全盛期を迎えたが、バブルが崩壊すると社員寮を手放す企業が増加した
  • 最近では再び社員寮が見直され福利厚生の充実具合をアピールする企業が増えているよう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております