東芝が原発事業で経営危機 作家の江上剛氏は"原発事業にこそ活路あり"と指摘

記事まとめ

  • 経営危機に陥った東芝は白物家電や医療機器の部門を売却、半導体事業も売却するという
  • 作家の江上剛氏は東芝の経営危機を招いた「原発事業」にこそ活路があると指摘
  • 江上氏は「福島第一原発をはじめとする廃炉問題は日本が避けて通れない課題」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております