大宅賞受賞『小倉昌男 祈りと経営』が描いた宅急便の父の苦悩

大宅賞受賞『小倉昌男 祈りと経営』が描いた宅急便の父の苦悩

ジャーナリスト・森健氏が描いた宅急便の父の苦悩とは

「その年に出版されたノンフィクション作品の中で、『ベストワン』を選ぶ賞になったということです」

 第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞の発表会見で、同賞の選考顧問を務めたノンフィクション作家・後藤正治氏はそう語った。

 1970年に創設された大宅壮一ノンフィクション賞はもともと新人賞の性格が強かったが、今年からインターネットによる読者投票を導入するなど大幅リニューアルが行なわれ、賞の名称も改められた。

 5月17日に開かれた選考会の結果、第1回の受賞作には、ジャーナリスト・森健氏が2016年1月に上梓した『小倉昌男 祈りと経営』(小学館)が選ばれた。

 ヤマト運輸・元社長で、「宅急便」を創設した経営者として知られる小倉昌男氏。現代のインフラともいうべき宅配便ネットワークの礎を築いた人物であり、官による不合理な規制と戦った辣腕でも知られている。没後10年以上が過ぎてなお、「尊敬する経営者」として名前を挙げるビジネスマンは少なくない。小倉氏自身の著書を含めた関連本も、これまで数多く出版されてきた。

 そうしたなかで森氏は、「小倉氏が晩年、46億円もの私財を障害者福祉の財団に投じたのはなぜか」という疑問をひたすらに追いかけ、知られざる逸話を掘り起こしていった。

 森氏は受賞会見で、「取材をしていくなかで、自分が予想していたのと違う話がどんどん出てくる。驚きの連続だった」と取材・執筆過程を振り返った。

 森氏の取材では、小倉氏が福祉事業に傾倒した背景に、家族関係に絡んだ“極めて個人的な動機”が存在したことが明らかにされていく。名経営者としてのイメージとは大きく異なる“人間・小倉昌男”の姿が、温かい筆致で描き出される。

 後藤氏は会見で、同作のなかで印象に残ったフレーズとして、ラスト近くにある〈どんな家にも問題はある〉という一文を挙げた。その上で、「何か問題を背負いながら歩いて行くのが人生だと思う。(受賞作は)普遍性を持った話。感銘を受けながら読了した」と評した。

 さらに『小倉昌男 祈りと経営』は、5月25日に発表されたビジネス書大賞2017で審査員特別賞を受賞。2015年に受賞している第22回小学館ノンフィクション大賞と合わせてトリプル受賞となり、注目を集めている。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)