野球盤、ラジコン、人生ゲーム 「昭和玩具」不滅の理由は

野球盤、ラジコン、人生ゲーム 「昭和玩具」不滅の理由は

エポック社の最新野球盤『3Dエース オーロラビジョン』

 ここ数年、日本の玩具は『妖怪ウォッチ』『アナと雪の女王』といった大ヒットキャラクターの関連商品や、スマホ・カメラ・ロボット型のハイテク系玩具の販売などが好調で、3年連続で8000億円を超える有望市場(日本玩具協会調べ)となっている。

 6月3日、4日と東京国際展示場(東京ビッグサイト)で一般公開される「東京おもちゃショー2017」。ここでも最新トレンドをめざとく取り入れた注目の玩具が勢揃いしているのだが、昭和生まれの大人世代が思わず「懐かしい!」と口にしてしまうロングセラー玩具の人気も底堅く、市場を下支えしていることがうかがえる。

 1958年に初代が登場して以来、来年で発売60周年を迎えるのは、エポック社の『野球盤』だ。“消える魔球”や勢い余っての“場外ホームラン”など、白熱した投打のかけひきに子供のころの記憶が蘇ってくる人も多いだろう。

 7月に発売予定の最新シリーズ『野球盤3Dエース オーロラビジョン(税込8618円)』では、イニング表示や実況アナウンスまであるカラー電光掲示板を搭載するなど、よりリアルに進化しているが、盤上で銀玉を操る基本の遊び方は不変だ。

「東京ドームができた1988年に、屋根付きで電動式の『ビッグエッグ野球盤』を発売したこともあるのですが、正直売り上げは伸びませんでした。やはり野球盤の醍醐味は人間どうしがアナログで対戦できること。あまりデジタル需要に偏ると『それならばテレビゲームでいいじゃないか』と見向きもされないことに気づきました」(エポック社・ゲーム事業部の担当者)

 1970年代の全盛期には約100万台が売れていたという野球盤だが、テレビゲームの台頭やサッカー人気に押されて1990年代には数万台規模まで低迷した。それだけに付加価値をどこまで追い求めるべきか、同社内でも意見が分かれてきたという。

「従来の野球盤ファンも満足してもらえるよう、基本性能は変えずに進化させてきた結果、2000年以降は昭和ブームも手伝って販売は徐々に持ち直しています。野球盤はわが社の看板商品なので、これからも大切に育てていきます」(前出・担当者)

 昭和世代の変わらぬ“憧れ”といえば、ラジコンだろう。近年は宙を舞うドローンにその座を奪われつつあるが、それでも子供そっちのけでラジコンカーに夢中になる30代以降の姿も多く見かける。

 バンダイのラジコン部門を担うシーシーピー(CCP)からは、水たまりや砂ぼこりの中もガンガン走る『Gドライブエコプラス(税抜6980円)』シリーズが不動の人気。9年間で約100万台を売り上げている。

「前後進のスピード調節ができる機能や電池寿命が格段に延びたことはありますが、ラジコンとしての楽しみ方は昔から変わりません。小さな子供はもちろん、昔は高額でラジコンを買ってもらえなかったという親世代からの人気も高い」(シーシーピーのトイ・ホビー部担当者)

 親子で楽しめるすごろくの定番『人生ゲーム』(タカラトミー)も来年で発売60周年を迎えるロングセラー玩具だ。プレーヤーの職業やマス上で起こる出来事は、シリーズ発売時の時代を反映する言葉が並ぶなど工夫を凝らしている。

 最新版の『人生ゲームMOVE!(税込4298円)』でも、ギヤを回して天気(景気)が変わったり、職業=投資家、お宝=VRメガネなど“今どき”を表す要素が満載だが、やはりボードゲーム本来の機能は変えていない。

「小さな紙幣を必ず付属させているのは、皆で遊びながら“お金を手渡す”コミュニケーションを大事にしているから。もちろん、スマホアプリなどで人生ゲームを出せば人気になるでしょうし、そうした新しい方向性も常に考えていますが、ボード版は昔ながらの楽しみ方を忘れないよう開発しています」(タカラトミーのゲーム事業部担当者)

 今回のおもちゃショーでは、地球儀型立体ボールの上で吸盤のコマを張り付けて遊ぶすごろく『地球まるごとすごろく(メガハウス/税込4298円・7月発売予定)』も登場。家族や友人たちとの対面コミュニケーションが希薄になりゆく現代にあって、懐かしいすごろく遊びがますます再評価されそうだ。

 メガハウスといえば、日本発のボードゲームで1973年より親しまれている『オセロ』も販売している。同社の広報担当者によれば、2017年3月末現在で2490万個が売れている超ロングヒット商品だ。
 カードゲームのジャンルでは、トランプに次ぐ定番ゲームとして知られ、発売45周年を超えたいまでも全世界で年間1億枚が売れている『UNO』の人気も不変だ。もともと米国の理髪店主が考案し、様々な遊び方ができるUNO。日本では全国大会まで開かれている。

「昨年の45周年を機にリニューアルし、新しい種類のカードも加わったのですが、遊び方を募集するグローバルコンテストで日本人の案が採用されたんです。今後も世代を超えて遊べるカードゲームとしてますます広がってほしいです」(マテル・インターナショナルのマーケティング担当者)

「シンプルなアナログゲームでも誰もやっていない遊び方さえ発案すれば、息の長い商品にすることができる」(ゲーム業界関係者)といわれる玩具業界。ヒットのキーワードは、バーチャル体験も自由自在な今だからこそ、あえて対面遊びにこだわる“双方向性”といえそうだ。

関連記事(外部サイト)