歴史あるスナック菓子 コーン系が苦境に陥る現代的事情

コーン系スナック菓子が苦境に陥る事情に製造コストや購買層の変化

記事まとめ

  • 全日本菓子協会によるとこの10年間のスナック菓子全体の売り上げは微増しているという
  • しかしポテト系に比べ専用機械が必要で原材料を輸入するコーン系は製造コストが割高に
  • カールと同じコーン系ロングセラーの「とんがりコーン」は販売縮小の計画はないそう

歴史あるスナック菓子 コーン系が苦境に陥る現代的事情

歴史あるスナック菓子 コーン系が苦境に陥る現代的事情

「カール」の次に危ないのはどのスナック菓子?

 突然の“余命3か月宣告”だった──。5月25日、大手菓子メーカーの明治はスナック菓子「カール」の東日本での販売終了を発表した。8月生産分をもって主力の「カールうすあじ」「カールチーズあじ」は西日本地域のみの販売になる。

 全日本菓子協会によれば、2016年の菓子全体の売り上げは3兆3609億円。この10年間、全体としては横ばいだ。「スナック菓子」の売り上げだけを見ればむしろ微増となっている。

 それなのになぜ、一世を風靡した老舗ブランドが“消滅”したのか。カール販売終了の謎を追うと、「絶滅危機にあるロングセラースナック菓子」が浮かび上がってきた。

 スナック菓子は、じゃがいもが原料の「ポテト系」、とうもろこしが原料の「コーン系」、小麦が原料の「小麦系」に大別される。カールと同じコーン系には、東ハト「キャラメルコーン」(1971年発売)、ハウス食品「とんがりコーン」(1978年発売)、湖池屋「スコーン」(1987年発売)などがある。

 スナック菓子の出荷構成比は、ポテトチップスに代表されるポテト系が72%と突出しており、コーン系17%、小麦系8%と続く(2016年、全日本菓子協会調べ)。流通ジャーナリストの渡辺広明氏が解説する。

「ポテト系は原材料であるじゃがいもをスライスする工程が各商品で共通しており、設備投資のコストが安く済む。一方で、コーン系は専用の機械で製造せねばならず総じて製造原価が上がってしまう。その結果、消費者にとってはポテト系よりも割高に感じる商品が多くなってしまうのです」

『図解!お客には言えない儲けのカラクリ』の著者で、ファイナンシャル・プランナーの洞口勝人氏が語る。

「スナック菓子は原価の2~3割が輸送および包装コストで、残り7~8割が原材料や味付けなどの製造コストです。

 その中で大きく差が付くのが『原材料の輸送費』だといわれます。ポテト系は国産原料を使用することが多いので安く済むが、コーン系は海外から原材料を輸入するためコストがかかる」

 昭和レトロライターの初見健一氏は、消費者マインドから分析しても、コーン系スナックの苦戦は続くと見る。

「コーン系は製法の関係で塩分や脂分が高めになる。かつては『食べ応えがある』と子供を中心に人気でした。ところが最近では、少子化の影響で大人が主な購買層になっている。すると『食べ飽きる』『胃もたれする』といったマイナス要因になってしまうのです」

 そうした逆風をどう感じているのか、カールと双璧をなすコーン系のロングセラー「とんがりコーン」を製造・販売するハウス食品に聞いた。

「直近5年間で『とんがりコーン』の出荷数は6000万箱から4300万箱まで減少しました。しかし、最近は再び上昇傾向です。販売縮小の計画はありません」(広報・IR部)

 心強い言葉に、ファンはひと安心だ。

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)