6月1日からビール類の価格が1割〜2割ほど値上がり 『販売の正常化』目的に疑問も

記事まとめ

  • ビール類の価格が1割〜2割ほど値上げされ、発泡酒やチューハイに変えるとの声もある
  • 今回の法改正は安売り販売の商慣習にメスが入った形で、小さな酒屋を守る名目である
  • しかし、原材料費の高騰でもないのに、消費者は理解できないだろうと推測されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております