SB孫正義氏 悩ましい後継者問題に「人工知能」の出番?

SB孫正義氏 悩ましい後継者問題に「人工知能」の出番?

まだまだ事業意欲旺盛なソフトバンク・孫正義社長だが……

「60歳での“引退”を取り消されましたが、今後、ご自分の知識や経験、思考パターン、アニマルスピリットなどをすべて教え込んだ『人工知能』を、将来の後継者に据えようと考える可能性はありますか?」

 6月21日に開催されたソフトバンクグループの株主総会。その場で質問に立った株主は、“荒唐無稽な話ではない”と前置きまでしたうえで、同社の孫正義社長にこう大真面目に尋ねた──。

 直近のソフトバンクといえば、孫氏が「ソフトバンクは携帯電話の会社だと思っている人がまだたくさんいるが、それは一つの道具に過ぎない」と強調するように、未来の情報革命を担うと見越した企業や事業に惜しみなく先行投資している。

 中でも孫氏がもっとも期待を寄せるのが、スマホなどモバイル向けチップで世界99%のシェアを握る英アームの買収である。

 1800億円の売上高だったアーム社を3兆3000億円という破格の金額で買収したことに、ソフトバンクの社外取締役を務める永守重信氏(日本電産の会長兼社長)も疑問を呈したというが、孫氏の最近の口癖にもなっている「シンギュラリティ(技術的特異点/コンピューターチップによって人間の知能を上回る“超知性”が誕生すること)」の覇権を目指すソフトバンクにとっては、「IT業界の隠れた宝」(孫氏)というわけだ。

 また、ロボット開発を手掛ける米ボストン・ダイナミクスを買収したのも、超知性を持ったコンピューターチップをロボットに組み込むことで、あらゆる産業や人間の生活を一変させ、自らの手でIoT(モノのインターネット)社会を牽引したいとの強い思いが表れている。

 そうしたソフトバンクの壮大な経営ビジョンもあり、冒頭、株主総会での“珍問”が飛び出したのである。

 孫氏は苦笑いしながらも、「人工知能の能力は上がっていきますが、人間の集団を率いて、人間に貢献するという意味で、そこは生身の人間に後継者になってもらいたい」と答えた。だが、孫氏の経営ビジョンを誰が引き継ぐか──というソフトバンクの後継者問題は、笑ってばかりもいられない最大の課題となっている。

 自伝ではすっかり有名になっているが、孫氏は19歳のときに早くも「50歳で事業を完成させ、60歳で引退する」と人生80年の目標を立て、それを最近まで公言してきた。

 2014年9月、米グーグルの元幹部、ニケシュ・アローラ氏に契約金約245億円も払ってソフトバンクに迎え入れたのも、自身の後継者含みだった。ところが、周知の通り、孫氏の続投意欲が高まったために、アローラ氏がしびれを切らし、わずか2年でソフトバンクを去ることになった。

 今年8月11日に60歳を迎える孫氏。今年の株主総会は風邪をひいたとのことで、議事の途中で咳き込み、水を飲む場面も度々見られたが、それでも燃えたぎる事業意欲は衰えていない様子。

「今日は風邪をひいていますが、自分にでっかい夢や志があれば病気も全然苦にならない(笑い)。毎日、朝が来るのが待ち遠しいし、休みなんて許せない。とにかくいま人生が楽しくて嬉しくてたまらないので、引退なんかしていられません」

 と目を輝かせた。宙に浮いてしまった後継者問題に対してはこう言及した。

「いまはニケシュがいなくなったばかりなので、すぐに案があるわけではありませんが、これから10年かけてしっかりと取り組んでいきます。原則として、われわれのグループの中で5年、10年と重要な経営の役割を一緒に担い、十分に気心が知れて能力的にも人格的にも優れた人が望ましい」

 10年以内にバトンタッチできれば、かろうじて“60歳代”には引退できる。そう考えているのかもしれないが、果たしてあと数年で経営の第一線から退く決意が持てるのだろうか。雑誌『経済界』編集局長の関慎夫氏は懐疑的な見方をする。

「先日、ある経営学者の90歳を祝う会で孫氏がビデオメッセージを贈っていたのですが、その中で『いまだ何もできていないことに焦りもあるし、忸怩たる思いもある。でも必ずや歴史に名を残す』と言っていました。つまり、事業家人生はまだこれからだと……。とても一度は引退を考えた経営者の言葉とは思えません。

 2010年にソフトバンクアカデミアを開校しましたし、今後も後継者教育や優秀な人材のスカウトは続けていくでしょう。しかし、そこは『経営はメチャクチャ面白い』と言い続ける“全身起業家”である孫氏のこと。自分が健康であれば70歳になっても経営を手放さないかもしれません。

 もっとも、ニケシュを放逐したことで自らの後継者選びに大きなハードルをつくってしまったことは大きいでしょう。いま、ソフトバンク内に事業全体を見ることのできる人間はいませんし、なによりも優秀な人材であればあるほど、いつバトンタッチされるか分からない孫氏の後継者になる道を選ぶはずがありません」

 だが、事業拡大を続けるソフトバンクにとって、後継者選びが後に延びれば孫氏の健康問題が最大のリスク要因となってくるのは間違いない。関氏が続ける。

「まだ60歳といっても、孫氏は20代のころにB型肝炎を患って死をも覚悟したといいます。以来、体調には気をつかっているようですが、盟友のスティーブ・ジョブズ氏も56歳でこの世を去りましたし、この先なにが起きてもおかしくありません。

 仮に孫氏が10年後、『できるところまでやる』と生涯経営者を貫く構えを見せたなら、ソフトバンクは常に孫氏の健康にハラハラさせられることになり、それが重大な経営リスクとなって跳ね返ってくる日がやってくるでしょう」

 米携帯電話会社のスプリントやアーム社の買収、そして最先端のテクノロジー企業などに投資する10兆円ファンドの創設など、拡大一辺倒のソフトバンク。最終利益で1兆円を突破したとはいえ、いまだ13兆円を超える有利子負債を抱えるなど“ハイリスクハイリターン”経営も続く。

 カリスマ創業者・孫正義の果てしない野望を受け継げる人材が本当に現れるのか。もし、適任者がいなければ本当に人工知能に頼るしかなくなるだろう。

■撮影/横溝敦

関連記事(外部サイト)