大ヒット鍋「バーミキュラ」を使った新発想の炊飯器が話題

大ヒット鍋「バーミキュラ」を使った新発想の炊飯器が話題

炊きあがりは米粒が立って鮮やか「バーミキュラ ライスポット」(8万6184円)

 今、日本の職人技術を生かした調理家電がヒットしている。中でも愛知県の老舗企業が手がけた、鋳物ホーロー鍋から生まれた“炊飯器”に注目!

「カレーもポトフも驚くほどおいしい」と評判の鍋『バーミキュラ』を搭載した炊飯器が話題だ。開発を手がけたのは、昭和11年創業の『愛知ドビー』。元々、繊維機械を製造していたが、繊維産業の衰退とともに縮小していた事業を3代目の現経営者が再建。強みだった鋳造と精密加工の職人技を生かし、今トレンドの鋳物ホーロー鍋『バーミキュラ』を開発。累計販売数は約25万個、会社の従業員は18人から230人に拡大した。

「この鍋で炊いたご飯がおいしい」という愛用者の声を元に炊飯器を開発し、発売半年で約3万台が売れている。「ご飯が炊けるだけでなく、高い密閉性を生かした無水調理や低温調理もできるので、料理の幅も広がります」と、広報の古澤紗織さん。

 炊飯に加えIH調理も可能。ポトフは野菜、ベーコン、調味料を入れ、弱火で50分煮込む。水を一滴も入れなくても旨みが凝縮されたおいしいスープに。35~90℃まで1℃刻みで温度をキープできるので、ローストビーフも簡単に。

 炊き立てのご飯は艶やかで粒が立ち、ポトフは凝縮された野菜の甘みが際立つ。これ、買いかも!

撮影/菅井淳子

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)